スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【赤報隊事件】“実行犯”自殺? 北海道で白骨化

反日的論調で知られる「朝日新聞」社の阪神支局に対する襲撃を筆頭とする一連の所謂「赤報隊事件」こと「広域重要116号事件」「警察庁指定116号事件」の「実行犯」を名乗っていた男が北海道富良野市に於いて白骨化した状態で発見されました。
北海道警の調査から、自殺の可能性が高いそうです。

朝日新聞阪神支局襲撃“実行犯”名乗った男性自殺? 北海道で白骨化

5月18日10時29分配信 産経新聞
 朝日新聞阪神支局襲撃事件など一連の同社襲撃事件で、週刊新潮(新潮社)が「実行犯」として手記を連載した島村征憲(まさのり)氏(66)が、北海道富良野市で遺体で見つかっていたことが北海道県警への取材で分かった。

 道警によると、島村氏は4月13日、富良野市郊外の資材置き場で遺体が見つかった。死後、数カ月が経過し、遺体は白骨化していた。現場の状況などから道警は自殺とみている。

 同誌は昨年、「私は朝日新聞『阪神支局』を襲撃した」とのタイトルで4回にわたって、記者2人が殺傷された昭和62年の同支局襲撃事件をはじめ、朝日新聞東京本社銃撃や同静岡支局爆破未遂など一連の事件について、島村氏が実行犯だとする手記スタイルの記事を連載した。

 だが、産経新聞の取材に島村氏は「自分は実行犯ではなく、記事には実際と違うことが多数書かれている」と証言。週刊新潮はその後、「『週刊新潮』はこうして『ニセ実行犯』に騙(だま)された」との検証記事を掲載し、新潮社は事実上誤報と認めた。



謎の未解決事件としても有名な「赤報隊事件」ですが、自称ながらも「実行犯」が自殺した事でより一層謎が深まってしまいましたね。
まあ、今回自殺した「実行犯」を名乗る者は、以前にも他の未解決事件で「実行犯」を自称したと言う“前科”も有るそうで、あまり信用できる男ではないのですが。
しかし、実行犯でないのであれば何故自殺したのかが気にかかります。
事件との関連性も含め、北海道警察の捜査に期待しましょう。

それにしても、赤報隊事件の真犯人は一体何処に身を潜めているのでしょうか。
犯人が心から皇国の為を想い事件を起こしたのであれば、事件に一定の評価は出来ます。
尤も、幾等朝日新聞がクズ以下の禄でもない記事を書くことで知られたキチガイ反日新聞であるとは言え、民主主義的ではないテロリズムを全面肯定する事は出来ませんが。
しかし、あくまで一人の日本人としては、心情的には犯人を賞賛したい気持ちは強くあります。

ですが、必ずしも犯人が愛国者であるとは限りません。
この赤報隊事件の犯人は、頭の狂った朝鮮人カルト宗教組織「統一教会」である可能性が事件当時より指摘されています。
仮に統一教会が犯人であれば、「日本民族」の名を騙っての犯行を絶対に許すことは出来ません。

若し朝日新聞に対しテロを起こすのであれば、正々堂々と「統一教会」の名を出すべきでしょう。
あたかも大日本帝國を愛す右翼主義者であるかのようなふりをしての犯行は許されないのであります。
「朝日新聞」にせよ、「統一教会」にせよ、我々帝国臣民からすれば憎むべき反日主義組織である事に変わりは無いのであります。
反日組織同士の内部抗争に、皇国の正義を持ち出さないで貰いたい物です。

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

キリスト教施設に消火器が投擲

「キリスト教」関連団体である「日本基督教団」の施設(所在:大阪府大阪市)で、玄関に消火器が投擲されました。

大阪・此花でもキリスト教施設に消火器

4月27日10時53分配信 産経新聞
 27日午前5時半ごろ、大阪市旭区今市の「日本基督(キリスト)教団森小路教会」で、玄関前に消火器が転がり、消火剤が飛び散っているのを通行人が発見した。玄関の木製扉の上部に傷がついており、旭署は夜間に何者かが消火器を投げつけたとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 大阪や兵庫、京都などのキリスト教施設では、昨年以降同様の事件が続発しており、24日には神戸市など兵庫県内の4教会で消火器が投げ込まれる被害が確認された。



自分は言うまでもなくキリスト教の信者ではありませんし、彼らの思想や文化を擁護する心算もありません。
少なくとも戦国の世まで時代を遡れば、キリスト教など完全に野蛮な侵略者に過ぎないのであります。
徳川幕府の鎖国政策には批判も強いですが、キリスト教の侵略を防ぐ為にはやむを得ぬ処置であったと考えざるをえません。
しかし、現在ならば彼らはそれほど危険な事をする団体ではないでしょう。
他者に迷惑をかけぬ範囲内での信仰の自由は認められるべきですから、このような犯罪は奨められた物ではありませんね。

どうせやるのなら、「創価学会」や「統一教会」、「アレフ(オウム真理教)」、「幸福の科学」、「エホバの証人」などに代表されるような、「信仰の自由」の適用外であるキチガイカルト宗教の施設を攻撃すれば良いのであります。
上記に挙げたようなカルトの中でも、特に創価学会やオウムに至っては宗教ですらありませんからね。
唯の反日テロ組織であります。
他者の「自由」を侵害し国家転覆を企むような危険組織に「信仰の自由」が認められる道理はないのであります。
帝国臣民の力で愚かな犯罪者どもを討ち滅ぼさねばならないのであります。

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

【悪徳商法】NHK、未払い受信料分を強制的に差し押さえへ

「電波の押し売り」としてしられる“悪徳商法の大家”「日本放送教会(NHK)」が、押し売りの被害に会っている罪もなき一般国民から強制的に財産を差し押さえて今夏にも「受信料」とやらを強制徴収することが発覚しました。

NHK受信料不払い、今夏にも強制執行へ

4月16日3時7分配信 読売新聞

 NHKが受信料支払いの法的督促を行った後も不払いを続けている世帯・事業所に対し、今夏にも初の強制執行を行う方針を固めたことが、15日わかった。

 対象は3月末現在で76件に上るが、話し合いを続けながら数件ずつ着手していく。

 相次ぐ不祥事の発覚により、NHK受信料の支払い拒否・保留者は2005年11月末、ピークの128万件に達した。このため、NHKは06年11月、東京都内の33世帯について、東京簡裁に支払い督促の申し立てを行い、初の法的督促に踏み切った。その後、再三の支払い要求に応じないなど悪質なケースを中心に、法的督促は全国に拡大し、今年3月末現在で総数は841件に上る。このうち506件は支払いに応じ、162件が異議を申し立てた。

 督促を受けた場合、送達日から2週間以内に異議申し立てがなければ仮執行宣言がされ、さらに2週間以内に異議申し立てがなければ、確定判決と同一の効力を持つ。その段階まで進んだケースは100件あり、うち24件は分割払いに合意。残る76件が強制執行の対象となり、財産の差し押さえが可能となった。

 ただ、NHK営業局は「話し合いで支払ってもらえるよう説得するのが本来のあり方」として、慎重に手続きを進めていく。

 ◆強制執行=民事裁判の判決などで請求権を認められた債権者の申し立てにより、支払いに応じない債務者の不動産や所有物(動産)を差し押さえ、売却し、債権者への支払いに充てる手続き。民事執行法に詳細が定められている。


最終更新:4月16日3時7分



「闇金融」やら「ネズミ講」やらが可愛らしく見えてくるようなとんでもない悪徳商法ですね。
いや、悪徳商法と言うよりも、単なるヤクザと何ら変わりの無いやり口だと思います。
罪も無き一般民衆から国家権力を盾に金を巻き上げるのですから、下手をしたらヤクザより何倍も悪質なのかもしれません。
このような恐ろしい手口を平気でやってのけるヤクザ放送局が仮にも「国営放送」とは、世も末であります。

それではここで、NHKの「受信料」とやらを払わずに、かつ差し押さえの被害にも会わずにすむ簡単な方法を御紹介しましょう。
実は、葉書一枚たったの五十円でヤクザ放送局から言いがかりをつけられ金を巻き上げられる心配はなくなるのであります。
ヤクザテレビの悪質な被害に会われている皆さん!以下の動画を御覧下さい。



妙なピエロが出てきたあたりで非常に胡散臭さを感じられる方もいらっしゃる事でしょうが、方法自体は本物であります。
上記の動画の通りに簡単な行動をすれば、ヤクザに絡まれる心配はもうありません。

帝国臣民の安全な生活を脅かす悪質なヤクザ放送局を皇国から追放しましょう!!

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

中央省庁が「使用済みライター回収」検討へ

子供がライターを使用した結果発生した火災が相次ぐ中で、中央省庁が使用済みライターの回収を検討しているそうです。

家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議

4月15日20時46分配信 読売新聞
 子どものライター火遊びによるとみられる火災が相次ぐ中、消費者庁や経済産業省など関係10省庁の担当者が被害拡大防止策を話し合う「消費者安全情報総括官会議」が15日、消費者庁で開かれ、家庭に眠っている使い捨てライターの回収に乗り出すかどうか検討することを決めた。

 ライターは年間6億個以上が市場に出回り、そのうち相当数が家庭や乗用車内に放置され、子どもの火遊びにもつながると考えられている。

 回収を提案した消費者担当の大島敦・内閣府副大臣は会議後の記者会見で、「各家庭にあるリスクをどう軽減するかが、ひとつの事故防止に対するアプローチになるはず」と述べた。

 ただ、実際にどれだけのライターが放置されているのか推計はなく、大量の危険物となるライターをどのように回収・処分するかという課題もあり、具体的な検討は今後議論することになった。


最終更新:4月15日20時46分




まさに税金の無駄遣いですね。
「各家庭にあるリスクをどう軽減するかが、ひとつの事故防止に対するアプローチになるはず」とありますが、「各家庭」のリスク管理は「各家庭」がすれば良いのであります。
国家が介入するほどの事ではないでしょう。
自分の家の危険物ぐらい自分で片付けれるのが普通ではないでしょうか?
人の血税をくだらないことに使うのは止めて頂きたいですね。

尤も、世の中にはライター回収なんかより何百倍も無駄になっている税金が存在するのですが。
税金なんて半分近く無駄に使われているといっても過言ではないでしょう。
政治家の給料一つとっても、仕事に見合った本来払うべき金額より何倍も多く支払われている訳ですし。
首相ともなれば、五千万近い年収が有るのであります。
公になると不味いような所謂「裏金」なんかも入れれば、さらに高い金が入ってくるんです。
裏金を除いた真っ当な給料だけでも、5、6年でサラリーマンの生涯賃金ですよ?
それに見合う仕事をしてくれるのならまだ納得できますが、歴代の総理大臣で年収五千万に合うだけの事をした者が一体何人居ますかねえ?
鳩山の様な国賊野郎に、なぜ帝国臣民の血税が投入されねばならんのか疑問であります。
首相に限らず、頭の狂った売国議員どもに払う税金など本当なら一円もないはずであります。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

【泰国動乱】泰国軍、実弾水平発射を認める

泰国動乱に於いて、我が帝国の報道関係者・村本博之殿が亡くなられた4月10日の戦いで、今まで「威嚇の為に空に向けてのみ実弾を発射していた」と主張していた泰国軍部が、「水平に実弾を撃った」事を認めました。
但し、タクシン派反政府組織も実弾を水平発射している為、村本殿を殺害したのがどちらの勢力下は以前不明のままです。

<タイ>軍兵士が実弾を水平発射…10日の衝突で 軍認める

4月15日0時43分配信 毎日新聞
 【バンコク西尾英之】タイ陸軍報道官は14日、ロイター通信日本支局のテレビカメラマン、村本博之さん(43)を含む22人が死亡した10日の軍とタクシン元首相派組織「反独裁民主戦線」(UDD)との衝突で、軍兵士が実弾を水平発射していたことを初めて認めた。これまで軍は、威嚇のため実弾を空に向けて撃ったが、水平発射はしていないと主張していた。

 フランスのテレビ局がインターネット上で、兵士が自動小銃を水平に撃つ映像を公開。軍報道官はこの映像が本物であることを認め、UDDの攻撃から身を守る自衛のための実弾発砲で、やむを得なかったとの立場を示した。

 現場ではUDD側も自動小銃を発砲していたとの目撃証言がある。衝突に伴う混乱のなか、軍とUDDが激しい銃撃戦を繰り広げた可能性が極めて高くなった。

 バンコクの病院で12日行われた民間人の死者11人の司法解剖では、村本さんを含む10人が自動小銃などから発射される威力の大きい「高速弾」を受け死亡したとされた。取材中だった村本さんは左胸に被弾した。ただ、軍とUDDのどちらの銃撃によるものかは不明のままだ。



記事中には「自動小銃」「高速弾」と言う表記しかされていない為、10日の戦いでどちらの勢力がどの様な銃器を使っていたのか把握できませんが、若し両勢力で同一の弾薬を使用している銃器が使われていたとしたら、村本殿を殺害したのがどちらの人間なのかは永久に分からないかもしれませんね・・・。
泰国陸軍の正式採用自動小銃は「M16A1」及び「M16A2」、「HK33E」だそうですから、使用弾薬となると米軍で言うところの「M193」乃至「M855」と言うことになるのでしょうが。
さて、UDDは一体どの様な小銃を使っていたのでしょうか?

まあ、犯人を突き止めるのは警察の仕事です。
報道記事を読んだだけの素人の筆者が愚考を重ねたところで犯人が分かる訳などありません。
自分に言えることは、無抵抗の帝国臣民に手を出した者には相応の罪を与えるべきである、と言うことであります。
確かに、戦闘状態の混乱の最中ではやむをえない部分もあったでしょう。
村本殿を射殺した者だって、まさか無抵抗の日本人と分かった上であえて撃ったのではないでしょう。
逆に、無抵抗の日本人とわかっていながらあえて殺したというのなら、自分はそいつを絶対に許しませんが。
しかし、いくら止むを得ない部分も有るとは言え、罪が有る事は事実です。
確りと自らの罪業を認め、償う努力をして頂きたいものですね。

ただ、村本殿の件とは切り離して考えれば、反政府デモ隊の彼ら自体を否定する気は有りません。
「例え政府だろうと、おかしいことはおかしい」と自らの正義の為に銃をとる覚悟は、大方の現代日本人には先ず有り得ない物でしょう。
下手をしたら軍に殺されるかもしれない、と言う状況にありながらも、己の信念の為に戦っている彼らの姿勢からは、学べるものも多いと思います。
「一般国民一人一人が自国の正義の為に戦う」姿勢を、日本人も少しは見習うべきです。
かく言う筆者も、何だかんだ言った所で、いざ「国の為に死ね」と言われて躊躇いもなく「大日本帝國万歳!」と叫んで散っていくことが出来るほどの人間である訳はありません。
そして、大方の国民にしてみれば、それは普通の反応だと思います。
自分は、本当に国民一人一人が文字通り「国の為に死ぬ」ようなことは有ってはならないと考えます。当然ですが。
しかし、国民一人一人が「国の為に死ぬ」ぐらいの覚悟を持つことは、必ずしも悪い事ではないのではないかと思うのであります。
「死ぬ」とまで行かなくとも、「国の為に戦う」姿勢は多かれ少なかれ持つべきでしょう。
ちなみに、此処で言う所の「国」と言うのは、日本国家だけを指しているのでもなければ、日本政府のことでも有りません。
「国家」「国体」「国民」「郷里」「親族」「友人」といった概念を包括的にあらわした抽象的な言葉の心算で使っています。
「愛国心」の形は人それぞれです。
生まれ育った郷里を想う心であろうとも、親族を想う心であろうとも、友人を想う心であろうとも、何なら自分自身を想う心であろうとも良い訳です。
逆に、「日本政府」を想う心でもいいでしょう。(まあ、そんな方が居るかは知りませんが。)
そういう意味での抽象的な「国」の為に戦う心は、国民誰もが持たなければならないと思います。
尤も、「自分自身」すら「国」に含めてしまえば、「国」を想う心を持たない人のほうが少数でしょうがね。
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
567位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。