スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【反日鯨海賊】キチガイ環境団体シーシェパード出港

「時局論壇」でも何度かお伝えしている反日環境ファシズム団体のシーシェパードが、今年も南極海に向けて我が国の捕鯨船を違法に攻撃する為に豪州を出港するようです。
何度も述べている事ですが、今回もはっきり明記しなければならない事が一つあります。
それは、シーシェパードは環境保護団体でもなんでもなく、海の安全を脅かす事が目的の違法に組織された破壊活動を行う反日的海賊集団である、と言う事であります。

シー・シェパードが7日に出港へ 南極海での攻撃を宣言

12月5日13時57分配信 産経新聞
拡大写真
2月5日、捕鯨船に向けて信号弾を発射するスティーブン・アーウィン号。(日本鯨類研究所提供)(写真:産経新聞)

 日本の捕鯨船団を標的にする「エコテロリスト」たちがいよいよ攻撃態勢に入ろうとしている。米環境保護団体シー・シェパード(SS)のポール・ワトソン船長(59)は声明を出し、7日に寄港先のオーストラリアから、捕鯨エリアの南極海に向け抗議船を出港させると宣言した。「われわれの仕事は、殺し屋たちを止め、できるだけ鯨の命を救うことだ」と挑発しているが、日本側は「衝突しないようできる限りの措置を取る」とし、SSの攻撃を無力化するさまざまな作戦を用意しているようだ。(佐々木正明)

  [フォト]ステレス性を持つというシー・シェパードの船

 例年、日本の調査捕鯨は12月から翌年3月ごろまで行われる。調査母船「日新丸」(8044トン)や目視採取船「第三勇新丸」(742トン)などの捕鯨船が隊列を組み、南極海で活動を実施。約900頭のミンククジラなどを捕獲し、鯨の生態を調査する。

 SSは2006年から捕鯨妨害キャンペーンを継続し、抗議船スティーブン・アーウィン号(全長53メートル 総トン数不明)を捕鯨船に体当たりさせたり、酪酸弾を船に投げ入れたりして、過激な攻撃を展開。捕鯨反対国のメディアを“活用”して、自らの主張を大言壮語的に宣伝するのも特徴で、豪州やニュージーランドでは彼らを「海のヒーロー」ととらえるメディアもある。

 SSは米・豪などの企業や市民から寄付を集めて活動資金とし、2年前からは米CS放送アニマル・プラネットの撮影班を乗船させ、ドキュメンタリー番組も制作。「Whale Wars」(鯨戦争)としてDVDを発売し、多額の利益も上げている。船にはワトソン船長以下、米・豪・英国籍などのボランティアクルーが乗り込み、近年、日本人女性も通訳として乗船するようになった。

 対して、日本側は警視庁が威力業務妨害容疑で捜査を実施。2007年、SSが捕鯨船のスクリューにロープをからませたり、発煙筒を船に投げ込んだ事実で活動家4人の逮捕状を取り、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配した。外交ルートでSSの活動を管轄する関係国への働きかけも強めており、この要請を受けて、今年2月には豪連邦警察がSSの関連先を家宅捜索。日本は、抗議船の船籍を与えているオランダにも、善処するよう正式に申し入れた。

 しかし、SSは今回も、豪西部のフリーマントル港で妨害活動の準備を着々と進めている。スティーブン・アーウィン号のほかに、「地球最速のエコボート」とも称される三胴式のバイオディーゼル船「アディ・ギル」号(18トン)が加わる予定。SSが2船態勢で臨むのは初めてとなる。

 アディ・ギル号はバイオ燃料を使って航行。時速40ノット(同約72キロ)を誇り、これまで航行能力で勝っていた捕鯨船が追跡を振り切れない可能性がある。豪紙によれば、アメリカの富豪が100万ドルをSSに寄付して、この船を改造。レーダーに映らないステレス性を持ち、「秘密兵器」として、日本船にまとわりつき捕鯨をやめさせるという。

 6人のクルーが乗船する予定で、ニュージーランド人のピート・ビートゥン船長(44)は「捕鯨者たちを邪魔するために南極海に出向く。彼らがレーダーを使ってわれわれの位置をつかむのは難しいだろう」と話している。

 スティーブン・アーウィン号も改造を施しており、船体に放水砲を設置したほか、船尾付近には黒い箱部屋のようなものが並び、明らかに前回と船体の形が変わっている。

 ワトソン船長は先月19日に出した声明で、日本の捕鯨船団を「やくざにコントロールされている」「密漁者であり犯罪者」などと挑発。さらに、「シー・シェパードの長期目標は、日本の捕鯨船を沈めることだ。経済的にという意味でだが、私たちは捕鯨を行き詰まらせる寸前まで来ている。今年も、彼らの利益に重大な損害を与えることを確信している」と述べた。「鯨戦争」シリーズの撮影班も乗船させ、今回もDVD用の番組を制作する予定であることも明かした。

 一方、日本の水産庁は「船員の安全を考えて、活動計画はいっさい明かすことができない」と説明。ワトソン船長の挑発については、「彼らはあおらなければ、メディアが自分たちの行動を取り上げてくれないと思っている」と話す。

 さらに、「アディ・ギル号は、南極海で航行する十分な設備が整っておらず、氷が浮かぶ海上で高速航行できるかどうかははなはだ懐疑的だ」と指摘する。

 日本側も年々、SSの攻撃を無力化する対策を考案。酪酸弾の被弾を避けるために船体にネットを張り巡らす作戦や、SSの船を接近させないために人間に不快感を与える「音のビーム」といわれる長距離音響発生装置(LRAD)を使用する作戦などが功を奏しており、被害を最小限に抑えている。

 今回もSSの準備状況についての事前情報を分析し対策を練っており、ワトソン船長の作戦の裏をかく戦術を行うとみられる。

 水産庁の担当者はワトソン船長に対し、「SSのクルーさえも危険にさらすようなことは絶対にやめてほしい。海の安全を守ってほしい」と訴えている。



連中は、はっきりと我が大日本帝國を代表し南極に捕鯨をしにいく捕鯨船団を攻撃すると明言しています。
これは、完全に我が大日本帝國に対する、そして、我々日本民族に対する宣戦布告であります。
人殺しも平気でやるようなキチガイ海賊にここまでの事を言われておいて「極力衝突しないようにする」では、大日本帝國の面子は丸潰れであります。
以前から主張しているように、大日本帝國海軍(海上自衛隊)の軍艦を護衛につけるのは必須ではないのでしょうか?

卑怯な反日キチガイ環境ファシズム団体の分際で、南極海に燦然とはためく旭日旗を撃ちぬく度胸が有るのでしょうかね?
我らが世界に誇る堂々の大海軍を目の当たりにしてしまえば、シーシェパードのキチガイ反日主義者どもだって慌てふためいて豪州に逃げ帰る事でしょう。

それでも捕鯨反対等という戯言を喚く様であれば、容赦無しに我が大日本帝國海軍の軍艦から放たれる対艦誘導弾で南極海の藻屑にしてやれば良いのであります。
スポンサーサイト

テーマ : エコテロ・シーシェパード
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
582位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。