スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮、六ヶ国会議への「復帰日程」提示

北朝鮮は、近日中に六ヶ国会議へ復帰する事を米国の訪朝団へ伝える意向を発表しました。

北が「復帰日程」提示 6カ国協議、米特別代表訪朝時に

11月30日7時56分配信 産経新聞
 北朝鮮が12月8日に予定される米国のボズワース特別代表(北朝鮮政策担当)の訪朝時に、6カ国協議への具体的な「復帰時期」を表明する意向を米国側に伝えていることが29日、分かった。米政府から連絡を受けた複数の日本政府関係者が明らかにした。日本政府は昨年末以来の協議再開に一定の期待を見せるが、協議が再開されても、北朝鮮の「非核化」に向け、具体的な進展が得られるかどうかは不透明だ。

 複数の政府関係者によると、北朝鮮側は国連代表部を窓口とする「ニューヨーク・チャンネル」を通じ、今夏前からボズワース氏の訪朝を要求。米国側は6カ国協議への復帰を約束していないとして反発し、米朝間では協議復帰の「確約」をめぐり水面下で激しい駆け引きが続いていた。

 米国側は10月、ボズワース氏の訪朝を内々に決定し、日本を含む関係国に伝えていたが、北朝鮮側は最近になって「ボズワース氏の訪朝が実現すれば、いつ協議に復帰するか日程を提示する」と米国側に伝えたという。現段階では具体的日程は不明だが、ある外務省幹部は「北朝鮮は米朝直接対話を渇望しており、対話が実現した際の『お土産』を用意することにしたのだろう」とみている。

 米政府高官の訪朝は、ヒル国務次官補(当時)が昨年10月に平壌入りして以来で、オバマ政権では初。ボズワース氏は、6カ国協議の米首席代表を務めるソン・キム担当特使と一緒に訪朝し、金正日総書記の側近である姜錫柱第1外務次官と会談する方向で調整している。米国側は、(1)6カ国協議への復帰(2)検証可能な非核化措置を定めた2005年の共同声明の確認-を議題にしたい考えだ。オバマ大統領は19日、ソウルでの記者会見で、北朝鮮に具体的な行動を求めている。



はっきり言ってしまえば、どうでもいいニュースでありますね。
何せ、あのような卑劣なテロリズム国家が対話の場所に出てきたとしても、精々食糧支援を求めつつ肝心の非核化については上手く誤魔化されるのがオチであります。
出来る事なら早い所適当な口実を基に平壌をミサイルで火の海にしてしまえばよいのですがね。
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
582位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。