スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金正日の三男・金正雲、父親の視察に同行

北朝鮮の独裁者・金正日の三男である金正雲が父親の地方視察に同行したことが発表されました。
朝鮮当局が三男の視察同行を公式に記録したのは、今回が初めての事だそうです。

<北朝鮮>金総書記に三男同行 初の公式文書

11月29日2時30分配信 毎日新聞
 【北京・西岡省二】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が今年4月下旬、三男正銀(ジョンウン)氏(従来表記は「正雲」)を地方視察に同行させたことが公式に記録されていることが、毎日新聞が入手した内部文書によって判明した。正銀氏の現地指導同行が文書で裏付けられたのは初めて。文書には「金正銀大将同志に関連して発表された初の公開文献」と明記されており、正銀氏への後継作業の一環として既に活動記録の保存が始まっていることが明らかになった。

 文書は、金総書記が北朝鮮南東部の拠点都市元山(ウォンサン)を現地指導した際に作成された。日付は「主体98(2009)年4月26日」。タイトルは「元山農業大学を現地指導しながらイルクン(活動家)たちと交わした談話」となっており、金総書記の発言が紹介されている。

 金総書記は同大学を「偉大なる首領様=故金日成(キム・イルソン)国家主席=と金正淑(キム・ジョンスク)オモニム(お母様)の熱い業績が凝結している意味深い大学」とたたえたうえ、「きょう、金大将とともにやってきました」「元山農業大学は首領様と金正淑オモニム、私と金大将に仕える栄光の大学になった」などと発言する中で、正銀氏の存在を伝えている。

 北朝鮮の公式報道では、国営朝鮮中央通信が同じ日に「金総書記が元山農業大学に新設された土壌式無公害温室を現地指導した」と報道。朝鮮労働党の金己男(キム・ギナム)書記と張成沢(チャン・ソンテク)、朴南基(パク・ナムギ)の両部長同行を伝えていたが、正銀氏の名前や指導日は伏せられていた。

 北京の外交関係者は「金総書記の元山訪問は4月25日と確認され文書はその直後に党宣伝扇動部の実務者が作成したと考えられる」と指摘している。

 ◇おことわり

 北朝鮮当局は現時点でジョンウン氏の漢字表記を公表していませんが、毎日新聞が入手した内部文書によって、「ウン」については「雲」ではなく「銀」や「恩」などに当たるハングル表記であることが既に判明しています。その後の取材で北朝鮮関係者の多くが漢字表記は「『正銀』が適切」と証言しました。これまで「正雲」と表記してきましたが、今後は「正銀」と表記します。



金正日の後継者が三男であることはほぼ確実であるとの見方が強くなっていますが、今回の件もそれを裏付ける一つの根拠となりうるものでしょう。
北朝鮮の国民を苦しめる次の独裁者は三男に決定でしょうね。
そもそも、父親の金正日の生死すら良く分かりませんから、実際には既に三男が最高権力者になっているのかもしれませんね。
尤も、あのような腐敗した国の腐敗した政治体制のトップなど誰になろうが同じ事ですがね。
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
526位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。