スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対北制裁検証に抜け穴 調査対象国に拒否権

今年6月に国連安保理が採択した北朝鮮制裁決議案に定められた制裁を各国が実施しているかを調べる調査団が派遣されています。
しかし、その調査団の制度には重大な欠陥があることが判明致しました。

対北制裁、検証に壁…調査国入り「招待」必要

11月22日1時58分配信 読売新聞
拡大写真
読売新聞

 【ニューヨーク=吉形祐司】国連安全保障理事会が今年6月に採択した北朝鮮制裁決議に基づき、各国の制裁実施に「抜け穴」がないかを調べる専門家グループが、調査対象となる国の招待がなければ現地入りを許されないことが20日、複数の外交筋の話でわかった。制裁に消極的だった中国、ロシアの強い要求で安保理の制裁委員会が合意したものだが、調査団受け入れを望まない国は事実上、拒否することができるため、制裁を骨抜きにしかねないとの指摘も出ている。

 制裁委を補佐する専門家グループは10月末に始動し、制裁決議が守られているかを調べて、制裁委や安保理に勧告を行う。11日に安保理に提出した中間報告では、北朝鮮による核・ミサイル関連物資や武器の偽装輸出の疑いを巡って、関係する国の現地調査を行う方針を示していた。

 しかし、外交筋によると、中露両国は、8月に専門家グループ7人が任命された当初から、現地調査は対象国の「招待」を前提とするよう要求していた。

 専門家グループは最近、米国による対北制裁実施状況を調査し、日本訪問も検討中だ。だが、グループには強制的に現地調査を行う権限はなく、北朝鮮と緊密だったり、ビジネス上の利害がある国の場合、招待を表明しなければ受け入れを回避できることになる。

 外交筋は「招待制で実効性ある調査が可能なのか」と疑問を投げかけるが、中露の協力を得るには、こうした条件ものむ必要があるのが実情だという。


最終更新:11月22日1時58分



所詮支・露はあくまで共産圏であります。
北朝鮮制裁に本気で協力する気など一切持っていないことでしょう。
国際協調などと戯言を言っている暇があれば、とっとと平壌の街を火の海にして差し上げればよいのであります。

そもそも、支那や露国の様な東側の(元も含む)共産国家が拒否権を持っているような国際連合という組織自体が欠陥だらけだと思いますがね。
あのような腐った“赤い帝国”達が常任理事国になっているのに我が大日本帝國は常任理事国になれないという制度も完全に間違っております。
日本と支那・露西亜の国力の差を考えれば、あきらかに支那・露西亜の代わりに日本を常任理事国にすべきなのは明白であります。
所詮第二次大戦時代の連合軍をそのまま引き継ぐだけの国際連合など、今後制度の改正が見られぬようなら脱退してしまえば良いのであります。
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
410位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。