スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリスト教による日本侵略

今回は、元となるニュース記事が存在しない更新となります。

先日、この「時局論壇」では「眞子内親王殿下、国際基督教大学に合格」と言う記事を掲載致しました。
そこに、とある方からコメントを頂戴したのですが、その内容が多少興味深い物であった為、ここに掲載させて頂きます。

皇室の信仰は戦前からキリスト教
皇室の信仰はキリスト教ですよ。
(祭祀は家の伝統行事です)

しかも戦前に貞明皇后がその方向性を決めて
自分の子である昭和天皇から入念なキリスト教
教育をし始めています。
GHQが押し付けたわけではありません。

その背景としては大正末期には国家神道がカト
リックの制度を真似て急ごしらえした欠陥制度
だと露呈してカルト化しつつあったことが明白
なわけです。(血盟団事件など極右テロの頻発)

そこで貞明皇后は本物のキリスト教を皇室に
定着させなけば取り返しがつかないと決意して
懸命の努力をなさったわけです。
それを西園寺公、牧野伸顕、後藤新平・・など
のオールド・リベラリストたちがサポートして
強化するわけです。

昭和天皇即位後最初の侍従長の珍田伯爵は元
外務次官であると同時にメソジスト派牧師です。
(ついでに乳母の足立たか・・後の鈴木貫太郎
夫人・・はクエーカー派クリスチャン、少年期
~青年期の教育係兼ボディガードの山本信次郎
海軍少将はカトリックで「軍服の修道士」の
別名を持つ人物)

カルト化した国家神道が軍部とともに国を破滅
に導くなかで皇室キリスト教は脈々とその流れ
を確固としていったのですよ。

その流れの上に眞子様の国際基督教大学への
ご入学があるわけで、流れをよく読み込んであれ
ば「あまりにも自然なこと」です。

よくお調べになり誤った認識をご修正ください。
2009-11-22(02:09) : JAMES URL : 編集



確かにこの方のコメントが大方間違っていないのは事実なのでありますが、実際には皇室がキリスト教化されているという認識は明らかに誤った物であります。
そこで、当方は以下の様な返信をさせて頂きました。

JAMES 殿

コメントを頂き誠に有難う御座います。

>皇室の信仰はキリスト教ですよ。
>(祭祀は家の伝統行事です)
「祭祀は家の伝統行事」と仰られておりますが、家の伝統行事というのも含めて信仰と言うのではないのですか?
キリスト教徒が伝統的に神道行事を行うわけが無いでしょう。

貴殿が仰っている貞明皇后陛下(当時)の件や、皇太子殿下(現 天皇陛下)の家庭教師がキリスト教徒だった件、美智子皇后殿下の出身校、そして、今回の眞子内親王殿下の件。
皇室とキリスト教の接点は確かに大きいです。
こういった状況を鑑みるに、皇室と言う組織が戦前から現代に至るまで比較的キリスト教に寛容的であった部分は有るかもしれませんが、皇室全体がキリスト教を信仰していると言う表現は誇大であるといわざるを得ませんね。

>自分の子である昭和天皇から入念なキリスト教
>教育をし始めています。
貞明皇后陛下(当時)が先帝陛下(昭和天皇)に対して熱心なキリスト教教育を施したのは事実であっても、実際にはその先帝陛下はキリスト教を御嫌いでおられましたからね。

>GHQが押し付けたわけではありません。
此れは完全に間違っていますよ。
皇室は戦前戦後現代を通し比較的キリスト教徒の接点は大きいですが、その接点が尤も大きくなったのが戦後期であります。
貴殿も御存知の通り、戦後(昭和20年から27年)日本の絶対的権力者と言えばGHQ。
GHQがやれと言えば天皇陛下でさえもはむかう事は許されなかった時代であります。
GHQ(≒米国)にとっては日本をキリスト教国に仕上げ、先ずは精神的な部分から日本民族を侵略しようと考えるのは普通の考えであります。
では、日本人の大多数を簡単にキリスト教に改宗させるにはどうすればよいか?
それには、先ず日本人の精神的・宗教的な柱をキリスト教にするのが良いのではないですか?
そして、当時の大多数の日本人の精神的な支柱とは、言わずもがな、皇室であります。
こういった背景が存在していた事を考えると、連合軍が我が国のキリスト教化を謀る第一目標に皇室を選定していた事は至極普通の事でしょう。
事実、戦後にはかなり積極的に皇室がキリスト教徒かかわりを持っており、勉強会等も多数行われておりました。
それが、我が国が昭和27年に連合国と桑港平和条約を締結し連合軍が我が国を去った直後からは一切行われなくなりました。
いわば、戦後のキリスト教勉強会はすべて連合国を欺く為の物だった事が分かりますね。

>そこで貞明皇后は本物のキリスト教を皇室に
>定着させなけば取り返しがつかないと決意して
>懸命の努力をなさったわけです。
貴殿が仰っている幾つかの「懸命の努力」は事実としても、現在の皇室と日本の状況を見れば、その「努力」が実を結ばなかった事は火を見るより明らかであります。

>カルト化した国家神道が軍部とともに国を破滅
>に導くなかで皇室キリスト教は脈々とその流れ
>を確固としていったのですよ。
皇室キリスト教の流れなど昭和27年の昔にとっくに終わっております。
現代に受け継がれている部分などほんの僅かであります。
第一、国家神道がいつカルト化し、軍部がいつ国を破滅に導いたのかを明記していただきたい物でありますね。
我が国を破滅に導いたのは軍部ではなく、欧米列強の帝国主義であります。
貴殿が擁護するキリスト教こそ、我が大日本帝國を破滅に導いた侵略者の宗教であります!
その様な宗教に皇室が関わりを持つことが危険であると、自分は主張しているのであります。

>よくお調べになり誤った認識をご修正ください。
その御言葉、貴殿にそのままお返しますよ。
貴殿こそ、キリスト教と言う宗教と我が日本の関わりの歴史を良くお調べになり、
誤った認識を御修正なされば如何でありますか?

自分はキリスト教と言う宗教・文化自体を否定する気は一切ありません。
その教義や考えを、一つの宗教・文化としては尊重致します。
しかし、そのキリスト教が欧米列強の帝国主義勢力による侵略の道具にされている事もまた事実であります。
今、世界には様々なキリスト教国家が存在しておりますが、有色人種国家で尚且つキリスト教国家である国の場合、その大半は欧米から侵略を受けた名残りなのであります。
事実、我が国も遠く戦国の時代からキリスト教による侵略を受けています。
そして、キリスト教勢力は現代に至るまで日本人の精神を侵略しようとしているのであります。
キリスト教による日本侵略を否定する御心算ならば、徳川幕府が鎖国政策を採った理由や戦後占領期の七年間だけ皇室が異様なまでにキリスト教と積極的な関わりを持った理由などを御調べになると良いでしょう。

こういった歴史を見れば、眞子内親王殿下が国際基督教大学に御入学なさるのは決して「自然な事」では無いということが良く分かるのではないですか?
2009-11-22(10:18) : 大日本國民愛國義勇軍 URL : 編集



返信の文中でも述べている通り、キリスト教は500年の長きに亙り我が国を精神的・物的に侵略してきました。
鎖国政策等が功を成し、結果としては現代に至るまで殆どの侵略をかわしてきた我が国でありますが、それでも一部の方はその侵略の餌食となり、キリスト教化されてしまいました。
尤も、国民が信じる宗教は原則としては自由であり、その事自体は問題ではありません。
しかし、皇室となれば話は別。
皇室が欧米化することは我が国の国体を破壊する事に直結致します。
事実、それが連合軍の狙いでもあった訳です。

やはり自分は皇室がキリスト教化、欧米化する事は絶対に好ましい事ではないと考えますが、皆さんはどう御思いになられますか?
スポンサーサイト

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
449位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。