スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝國臣民、イエメンで誘拐さる

我が大日本帝国臣民である63歳の民間人男性がイエメンで地元の野蛮人に誘拐されてしまいました。

イエメン誘拐 男性は都内の63歳 電話で「丁重な扱い」

11月17日13時15分配信 毎日新聞
拡大写真
国際協力機構(JICA)の入るビル前で記者の質問に答える広報担当者(右から2人目)=東京都千代田区で2009年11月17日午前8時半、馬場理沙撮影

 【カイロ和田浩明】アラビア半島南西部のイエメンで日本人経済協力関係者と現地人運転手計2人が地元部族に誘拐された事件で、この日本人は東京都内の男性会社員(63)であることが17日、関係者への取材で明らかになった。会社員は15日午後、在イエメン日本大使館に自分の携帯電話で誘拐されたことを伝えていた。「丁重に扱われている」と落ち着いた様子で話していたという。

 誘拐された会社員は、国際協力機構(JICA)と契約した民間企業から派遣されていた。日本が援助するサヌア州北部アルハブ地区の小中学校建設現場へ車で向かう途中、同地区内で武装グループが車に乗り込んできた。現地は「治安が悪い場所ではない」(大使館)という。サヌア州では昨年から、無償資金協力約7億4000万円で5校の建設計画が始まっていた。

 会社員を誘拐した部族関係者は、イエメン政府に拘束されている親族の釈放を求めている。同国内務省による交渉は容疑者宅付近で行われ、会社員らも近くにいる模様だ。外交筋は「日本人が標的ではなく、誰でもよかったのではないか」と見ている。

 地元紙記者らによると、イエメンでは同様の目的の外国人誘拐が過去5年間で数十件に及ぶが、当局側が交渉を行い、数日で決着するケースが目立つ。昨年5月の日本人の女性旅行者誘拐事件(翌日釈放)も、仲間の釈放を求める部族組織の犯行だった。

 しかし、今年6月には、北部サーダ州で外国人9人が誘拐され3人が遺体で発見、残り6人も行方不明の事件が発生している。イエメン全体の治安状況は、北部で反政府武装勢力と政府軍の戦闘が続いており、国際テロ組織アルカイダの活動も活発化するなど、予断は許さない状況だ。



私利私欲による誘拐など対象が誰であれ許される事では有りませんが、ましてや天皇陛下の赤子たる日本人を誘拐したとなると、犯人の野蛮人を決して許す事は出来ません。
即座に被害者を解放するべきであります。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
410位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。