スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特報】鳩山、辞意を表明 併せて小沢も辞任へ

民主党の鳩山由紀夫は、本二日午前、首相職の辞任を正式に表明しました。
本人は未明までに辞意を固めたと見られ、次なる首相となる次期民主党代表は本月四日に公表される予定です。
なお、小沢一郎についても、併せて辞任する事が決定しております。

鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任

6月2日10時15分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は2日、民主党の衆参両院議員総会で「職を引かせていただく」と述べ、正式に辞意を表明した。また、小沢一郎幹事長も辞任することを明らかにした。

  [フォト]覚悟決めた…総会前、あいさつを交わす鳩山首相と小沢幹事長

 鳩山首相は冒頭、「国民の皆さん、本当にありがとうございました」「国民の(政権交代の)判断は決して間違っていなかった」と所感を述べた後、普天間問題や政治とカネの問題を上げ「私自身も職を引かせていただく」と述べ、辞意を明らかにした。

 鳩山首相は普天間問題で米軍基地の沖縄県外移転への意欲を振り返る際、目をうるませる一幕もあった。



鳩山首相が辞意、小沢幹事長も辞任へ

6月2日19時1分配信 TBS

 この鳩山総理の突然の辞任表明ですが、1日夕方開かれた鳩山、小沢、輿石、3氏の三者会談以降、2日朝の辞意表明までの12時間に一体何があったのでしょうか。

 1日の三者会談。総理は部屋を後にする際、記者の問いかけに親指を立てて応じました。周囲は続投と受け取りましたが、ある民主党関係者の見立ては違っていました。

 「直感的に辞めるなと思ったよ。鳩山さんは普段、ああいうことはしない人だ。鳩山さんは吹っ切れた感じがしたんでしょう」(民主党関係者)

 2日の両院議員総会。総理は先週末に韓国の済州島を訪れたときのエピソードを披露しました。

 「1羽のムクドリ(ヒヨドリ)が飛んでまいりました。我が家から飛んできたヒヨドリかなと。そうか、この鳥も早く自宅に戻ってこいよと、招いているように感じたところです」(鳩山首相)

 「早く自宅に戻ってこい」。この頃から総理は引き際を意識していたのでしょうか。このとき国内では、社民党が連立の離脱を正式に決めました。

 三者会談が終わったのは1日午後6時半。総理が両院議員総会を招集するように要請したのは2日午前6時過ぎ。空白の12時間、総理に一体、何があったのでしょうか。

 1日午後11時半、総理公邸。鳩山総理はある議員と会っていました。中山義活衆議院議員、総理補佐官を務める人物です。総理は中山氏にこう切り出しました。

 「長い間ありがとう。いろいろと苦労かけたね。中山君は雨天の友だ」(鳩山首相)

 そして、総理は続けました。
 「政治とカネの問題が大きかったな」(鳩山首相)

 「苦しいときには雨天の友、そのことを理解し合いながら・・・」(鳩山首相、両院議員総会)

 小沢幹事長の側近は、夜遅くに総理と小沢氏が再び会って、小沢氏が「自分も辞めるから」と説得したのではないかとの見方を示しました。総理が両院総会に向かう際、周囲にかけた言葉は「そういうことになりました」。その一言だけでした。(02日18:03)


最終更新:6月2日19時1分




鳩山首相退陣表明 突然の辞意表明に永田町も驚き 4日に両院議員総会で次期代表選出へ

6月2日11時57分配信 フジテレビ
鳩山首相は2日午前、民主党の緊急両院議員総会で、普天間基地移設問題をめぐる社民党の政権離脱や、「政治とカネ」の問題をめぐり、退陣する考えを表明した。
社民党の政権離脱決定後も、鳩山首相は政権維持に強い意欲を示していたことから、突然の辞意表明は、永田町でも驚きをもって受けとめられている。
1日の小沢幹事長らとの会談終了後も、報道陣に親指を立てて笑顔を見せるなど、続投への意欲は固いとの見方が出ていたが、中山首相補佐官の話では、1日夜、鳩山首相が電話で辞意をほのめかす発言をしていたということで、鳩山首相は、1日夜から2日朝にかけて辞意を最終的に固めたものとみられる。
党内では、支持率が低迷する中、普天間問題で自ら設定した「5月末」の完全決着を果たせず、社民党の政権離脱を招いたことで、改選となる参議院議員を中心に「このままでは選挙が戦えない」と、「鳩山おろし」の声が強まっていた。
一方で、鳩山首相に暗に辞任を求めていた小沢幹事長も、政治とカネの問題を抱えていて、辞めるなら2人同時に辞めるべきとの声も出ていたことから、鳩山首相は、2日朝までに小沢幹事長の辞任についても言質が取れたことで、一気に辞意を固めたとの見方もできる。
民主党は4日に両院議員総会を開いて、議員による投票で次の代表を選ぶ予定にしていて、新代表は直ちに新政権を発足させることになるが、参議院選挙が迫っていることもあり、現在の閣僚はほとんど居抜きで残り、選挙後に内閣改造などの形で本格政権となるのではとの観測も出ている。

最終更新:6月2日11時57分



支持率が一割を切った辺りから辞任は遠くないだろうと読んでおりましたが、とうとう来ましたね。
民主党の政権自体は続くとは言え、鳩山が辞めただけでも嬉しい限りであります。
小沢一郎も辞任すると言う事で、彼奴が消えるだけでも民主党は少しぐらいマシになるのでしょうか?
兎にも角にも、次こそは、民主党を政権与党の座から引き摺り下ろしましょう。
それにしても、確か鳩山は昨日の段階では続投を表明していましたよね。
全く、最後の最後までブレまくりな首相でしたね、鳩山は。

鳩山が辞任した以上、気になるのは次期首相の座に収まる人物ですが、ある報道記事によれば、最有力候補は現在副総理と財務相を兼職している「ポスト鳩山」こと菅直人であるとの事です。
なお、菅は現時点で代表選出馬を表明しております。

ポスト鳩山、菅副総理・財務相が最有力

6月2日13時49分配信 産経新聞
拡大写真
両院議員総会に出席した菅副総理=2日午前、国会(大西正純撮影)(写真:産経新聞)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)の退陣表明を受けて民主党は、後継を選ぶ党代表選を4日に実施し、7日に国会での首相指名選挙を経て国民新党との連立政権を維持する方針だ。代表選には複数の候補が立候補する可能性があるが、菅直人副総理・財務相(63)が「ポスト鳩山」として最有力の情勢となっている。

  [表で見る]ポスト鳩山候補、反小沢? 強みと弱みは?

 菅氏は2日午前、国会内で記者団から「代表選に出馬するのか」と問われたが、無言で車に乗り込み、国会を後にした。

 複数の閣僚や党幹部らからは「菅氏が出る。緊急事態だから、副総理が昇格するのが自然だ」との声が出ている。菅氏が出馬すれば、代表選で勝利する可能性が高い。

 菅氏の対抗馬としては、前原誠司国土交通相(48)、仙谷由人国家戦略相(64)、枝野幸男行政刷新相(46)、岡田克也外相(56)らの名前が取りざたされている。

 党内の関心は、「次期代表=次期首相」とともに、小沢氏が党の「最高実力者」の立場を維持するかどうかにも向いている。

 鳩山首相は退陣表明で小沢氏に幹事長辞職を求めた理由として「クリーンな民主党を作る」ことを挙げたため、「ポスト鳩山体制」で、小沢氏が改めて幹事長に再任されることは困難とみられる。党内には小沢氏の選挙の手腕を高く評価する声があることから、参院選の責任者に就く可能性もある。

 小沢氏と距離を置く中堅議員は、「(菅氏の)横滑りでは民主党らしくない。菅氏が小沢さんと組むなら、支持できない」と明言。菅氏が党内最大勢力の小沢グループと連携する場合、代表選で対抗馬を擁立する可能性に言及した。

 ただ、4日の代表選まで時間的な余裕がなく、勝利の見込みも立ちにくいため、対抗馬が実際に出るかどうかは不透明だ。

 代表選は、党員・サポーターによる正式な代表選ではなく、国会開会中の緊急事態として、党所属の衆参国会議員全員による両院議員総会での投票で行う。次期代表の任期は、鳩山首相の任期である今年9月末までとなる。

 民主党は今国会の会期を予定通り6月16日で閉じる方針であることから、新体制で「6月24日公示、7月11日投開票」の参院選に臨むことになる。



菅副総理、代表選出馬を表明…首相に伝える

6月2日17時26分配信 読売新聞
拡大写真
鳩山首相に代表選への立候補を伝えたと表明する菅副総理=竹田津敦史撮影

 菅副総理・財務相は2日午後、鳩山首相の退陣に伴って4日に行われる民主党代表選に出馬する意向を周辺に伝えた。

          ◇

 菅氏はその後、首相官邸で鳩山首相と会い、4日の民主党代表選に立候補することを伝えた。

 菅氏は記者団の質問に答え、「鳩山首相に立候補の決意を伝えた」と語った。


最終更新:6月2日18時14分



「菅首相」が出現する事になるのでしょうかね。
別に彼を支持するわけでもありませんが、あくまで個人的な私見を述べさせて頂けば、鳩山や小沢よりは多少マシな政治家なのではないかと考えております。
まあ、外人参政権法案に賛成したりしているあたり、前述の小沢や鳩山と五十歩百歩の人間なのでしょうが。
もし首相に就任する事となれば、今までよりは少しでもまともな政治をしてくれると良いのですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
533位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。