スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間問題、決着か 移設先「辺野古崎」で日米合意

迷走を極めていた米軍普天間飛行場移設問題ですが、とうとう一段落が付くようです。
移設先を「辺野古崎」とする日米の合意が確認されました。
しかし、基地移設に対する住民の反対は以前根強く、課題はまだ残されております。

普天間移設先は「辺野古崎」周辺 1800メートル滑走路 日米が共同声明

5月28日9時30分配信 産経新聞

 日米両政府は28日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する共同発表を外務、防衛担当閣僚名で行った。移設先を米軍キャンプ・シュワブがある名護市辺野古崎地区と隣接する水域とし、1800メートル(オーバーランを除き1600メートル)の滑走路を建設すると明記した。鳩山由紀夫首相は28日朝、オバマ米大統領と電話で会談し、日米合意の着実な実施を確認した。

[フォト]オバマ大統領 「普天間問題で謝意」 日米電話会談で

 会談で鳩山首相は「日米の合意を歓迎する。地元の理解を得つつ、代替施設建設や沖縄の負担軽減に向け、日米間で協力していきたい」と述べた。オバマ大統領も「首相の努力を感謝する。日米双方でさらに努力していこう」と応じた。

 代替施設の詳細な位置・工法は遅くとも8月末までに確定。3年近くに及ぶ現行計画の環境影響評価(アセスメント)について「著しい遅滞がなく完了できる方法を確保する」としており、ほぼ現行計画通りに埋め立てる形となりそうだ。外務、防衛担当閣僚による次回の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で確認することにしており、国連総会が開かれる9月を想定している。

 首相は28日夕に記者会見し、日米合意を踏まえた政府方針を「首相談話」として発表する。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は反発しているが、平野博文官房長官は28日午前の記者会見で、福島氏の同意がなくても談話を決定する考えを示した。

 共同発表は、普天間代替施設を念頭に、米軍と自衛隊の共同基地使用を打ち出した。米軍訓練の県外移転を拡充するとし、適切な設備の整備を条件に、鹿児島県・徳之島の活用を明記した。訓練移転先には国内の自衛隊基地、グアムなど国外も挙げた。

 沖縄の負担軽減策として、環境事故発生時や基地返還前の米軍施設・区域への日本側の立ち入りを可能とする合意を速やかに検討するとした。沖縄本島の東部沖にある米軍訓練水域の一部返還のほか、(1)米軍嘉手納基地以南の施設・区域の返還(2)沖縄の米海兵隊約8千人のグアム移転(3)県外訓練拡充による嘉手納の騒音軽減-も列記した。



結局、当初とさしたる変わりが無い結果となりました。
数ヶ月の長きに亙る迷走は一体なんだったのかと、鳩山を問い詰めたい気分であります。

最終的に移設先とされてしまった辺野古。
地元にも米帝軍の進駐には非常に強い反対があり、「最低でも県外移設」を唱えていた民主党政権には批判が続出しております。
野蛮な亜米利加帝国主義の前に屈した帝国政府。
帝国政府の腰抜けどもには、日本人の矜持は無いのでしょうか。
・・・まあ、民主党の反日主義者どもに矜持など有る訳無いですね。
民主党売国政権が誕生した時、落胆に暮れる筆者が新政権に唯一期待していた事は、自民党よりは強い反米感情でした。
米帝の犬に成り下がった自民党の奴隷どもと比べれば、民主党の方が少しは亜米利加帝国主義に歯向かってくれるのではないかと思っていたのですが。
小泉や安部や麻生を初めとする自民党の連中のように、日本人の矜持を捨て去り亜米利加帝国主義の宣伝塔と化した首相と比べれば、同じ日本人の矜持を捨て去った売国奴でも、米帝側には傾いていない鳩山の方が、対米関係の一点だけを見れば期待できると思っていたのですがね。
結局、与党が何処であろうが、対米傀儡政権と成り下がった戦後の日本政府には、亜米利加帝国主義に真っ向から立ち向かう力など存在していないという事でしょう。
米帝の汚らしい国籍標識をつけた軍用機の爆音が、辺野古の地元民達を苦しめ続けるのであります。
地元の方々も、幾等同じ爆音を聞かされるにせよ、我が大日本帝國空軍の軍用機が飛翔する音であれば我慢してくれるかもしれません。
しかし、皇国を六十五年の長きに亙って占領し続ける米帝軍の軍用機では、怒りは溜まるばかりであります。

早く米帝を追い払い、帝國空軍に駐留してもらえば地元の皆さんも快く生活できる事でしょう。
日本は日本人の手で護るべきなのであります。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
589位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。