スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮海軍の潜水艦が日本海側海軍基地を出航

「サンオ」級潜水艦四隻からなる北朝鮮軍の艦隊が、日本海側の同国海軍基地から出航した模様です。
同艦隊に対しては、韓国軍が行方を追跡しております。

北朝鮮の潜水艦4隻、日本海側の基地から姿消す 韓国紙報道 

5月26日10時35分配信 産経新聞
 【ソウル=水沼啓子】26日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮の「サンオ(サメ)級」小型潜水艦4隻が24日以降、日本海側の海軍基地から姿を消したことを確認し、韓国軍が追跡調査中だと伝えた。

 韓国政府当局者によると、李明博大統領が国民向け談話を発表した24日、サンオ級潜水艦4隻が北朝鮮咸鏡南道の基地を離れた後、2日間の足取りがつかめていない。この当局者は「北朝鮮の潜水艦4隻が一度に消えたのは珍しい」と話した。

 サンオ級は、侵入作戦用に北朝鮮が独自に開発した主力潜水艦で、40隻余りを保有している。1996年9月、韓国・江陵近海で座礁した潜水艦もサンオ級だった。



SSI_20100404205332_V.jpg
(上記画像:海面を航行する北朝鮮軍の「サンオ」級潜水艦。)

taizaiki_p31.jpg
(上記画像:韓国軍により鹵獲され、同国の公園に展示されている「サンオ」級。)



先ず第一に北朝鮮軍の「サンオ」級潜水艦についての簡易な説明を致します。
同潜水艦は、工作員の潜入・運搬・回収や情報収集を主な任務に捉えた小型の潜水艦であります。
昭和末期から平成初期に掛けて凡そ二十~四十隻が建造され、平成八年の「江陵浸透事件」で韓国軍に鹵獲された一隻を除き全艦が現役で運用されております。
詳細は不詳ですが、「戦闘型」と「輸送型(偵察型)」の二つが存在しているとの情報があります。
戦闘型では、十五名前後の工作員と物資を輸送する事が可能であり、武装としては艦首に数門の魚雷発射管を備えます。
電子兵装として、詳細は不明ながら、電波探信儀(通称:電探、横文字で言う所の「レーダー」。)が装備されている事が確認済みであります。
航続距離は最小で凡そ1,500海里、作戦行動が可能な日数は二十日程度です。
大日本帝国の国内で我々民間人が「サンオ」級について手に入れられる情報は決して多くありませんが、前述の「江陵浸透事件」で実際に一隻を鹵獲した韓国軍には、多くの機密情報が渡っている物と推測されています。
ちなみに、「サンオ(朝鮮語:「상어」、日本語で「鮫」の意。)」級の名称は米軍が名づけたコードネームであり、北朝鮮軍が実際に使用している名称は不明です。

以下に、判明している限りの諸元を記します。

サンオ級潜水艦(SSC SANG-O CLASS)

満載排水量:水上275t、水中330t

全長:34m~35.5m
全幅:3.8m
全高:3.2m~3.7m

機関:ディーゼル発動機×1基(推定300馬力)

最大速度:水中8ノット、水上7ノット
航続距離:水上航行時最小1,500海里

作戦可能日数:10~20日

武装:戦闘型:533mm魚雷発射管×4
    輸送型(偵察型):武装なし
電子兵装:水中聴音機(パッシブ・ソナー)×1
       捜索用電波探信儀×1
乗務員:将校5名、乗務員15名。工作員15名前後を輸送可能。

原生産国:北朝鮮



「サンオ」級潜水艦に関する説明は以上であります。
但し、上記の説明は軍事知識皆無な素人である自分がネット上の情報を元に独自に纏めた物であり、間違いや、軍事に精通された方々には御見苦しい表現が有るかもしれません。
ただ、「サンオ」級潜水艦を一言で纏めてしまえば「工作員潜入用、若しくは偵察用の小型潜水艦」である事には間違いありません。
韓国海軍の哨戒艦「天安」撃沈事件以降、朝鮮半島の情勢が緊迫を極めていることは皆さん御存知の通りでしょう。
この時期に、このような用途に用いられる北朝鮮の潜水艦が四席も出航したと言う事は、場合によっては韓国に工作員を潜入させる作戦が発動している事も有り得るのであります。
前述の通り、サンオ級は一隻で十五名前後の工作員を輸送できます。四隻なら六十名にも上ります。
仮に韓国国内で遊撃戦(所謂ゲリラ戦)を展開することを命じられた工作員が六十名も上陸した場合、大変な事になるでしょう。
もとより、朝鮮戦争が再開された場合に韓国側が最も恐れている北朝鮮の作戦が、工作員による遊撃作戦であります。
分断国家である北朝鮮と韓国には、言うまでも無く同じ言語を使う同じ民族が暮らしております。
自国民と同じ顔で同じ言葉を話す敵国兵士が、軍服も着ずに自国領内に侵入し遊撃戦を展開するのは、韓国にとって最大の悩みの種である事は言うまでも有りません。
逆に言えば、いざ朝鮮半島で戦闘が始まった際に、あらゆる部分で米韓連合軍に劣る北朝鮮側が頼れる唯一の戦術ともいえるのが遊撃戦であります。
北朝鮮軍が遊撃隊の運用へ核兵器開発に次ぐ規模で力を入れていることは想像に難くありません。
今回の「サンオ」級潜水艦隊の出撃が、遊撃戦の緒戦に投入される兵士を輸送している可能性は決して低くないのであります。

まあ、いずれにせよ、筆者が結論の部分に書く事はいつもと変わりありませんね。
幾度も述べている通りです。
「日本に迷惑をかけない範囲で盛大に南北で殺し合え」。
朝鮮戦争が早急に再開し、南北朝鮮で激しく共食いしてくれることを望みます。
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
582位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。