スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走普天間、連立離脱を悩む社民党

米軍普天間飛行場移設問題を巡り、日米で合意が進みつつある辺野古移設案に対して真っ向から反対を表明する社民党が「連立離脱」「残留」の狭間で揺れております。


連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題

5月25日9時17分配信 読売新聞

 社民党が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で揺れている。

 党内は、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する政府方針への反対では一致しているが、連立を離脱するかどうかについては意見が分かれたままで、党分裂を懸念する声も出ている。

 24日の緊急三役会議では、辺野古への移設方針に関し、「地元の合意がないものを決定するのは、ごまかしでしかない」と政府を批判する声が相次いだ。最も強硬なのは、沖縄県選出の照屋寛徳国会対策委員長だ。この日の三役会議は欠席したが、同日夜、都内で記者団に、「連立の合意も地元の合意も得ないで『県内移設』を強行した場合、社民党の理念や方針に照らし、政権離脱しかない。政権にしがみついたら、国民の信頼を失って自然消滅してしまう」と強調した。「(党が連立を離脱しなければ)もちろん離党する」とも語った。

 社民党には、旧社会党時代の村山政権が自衛隊を合憲と認めるなど連立する自民党に歩み寄った後、党勢が衰退した苦い経験がある。党内には「外交・安全保障政策で妥協すべきではない」という声が多く、「参院選を前に連立を離脱して独自性を示せば、逆に支持を集められる」という見方もある。

 これに対し、阿部知子政審会長らは連立を維持すべきだとしている。「政権の中で県外・国外移設を求めていく方が、沖縄県民の思いに応えることができる」(阿部氏)というわけだ。

 連立離脱をほのめかしてきた福島党首は最近、離脱に絡む発言は抑え気味だ。周囲は「参院選を前にどちらが得か悩んでいる」と見ている。

 福島氏が25日に沖縄を訪問するのも、党として政府方針に反対する根拠を明確にするとともに、国民の反応を探りたい思惑があるからだ。党執行部は6月3日に全国代表者会議を開き、地方の意見も踏まえたうえで最終判断する構えだ。

 民主党では参院選が近づくにつれ、社民党の離脱を懸念する声が強まっている。昨年の衆院選の比例選で300万票を獲得した社民党の集票力への期待があるからだ。参院選の選挙区選では、社民党の公認候補擁立は7選挙区にとどまる見通しで、残る選挙区では同党支持票が民主党に回ることが期待できるというわけだ。また、鳩山内閣の支持率が低迷し、与党が参院での過半数を失う可能性も指摘される中、「社民党の非改選の2議席は重要だ」という指摘もある。

最終更新:5月25日9時17分



記事中にも有るとおり、社民党が有す二議席は、社民には当然のこと、民主党にとっても重要な物であるとされております。
迷走する普天間問題が、連立政権に亀裂を齎しつつあるようですね。
無論、最善なのはこのまま売国政権が滅んでくれる事なのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

普天間迷走どこまでも―意思決定に手間取り続ける民主党に日本国統治は無理!!

ブログ名:Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理
http://goo.gl/uFCe
こんにちは。普天間基地問題、連立政権内での意思統一できない状況にあります。このようなことは、他にも多くあります。このようなことが、あまりにありすぎるため、海外の高官なども、何をするにしても、誰とコンタクトをとれば、良いのかわからないという状況にあります。もう、民主党には、日本国を統治する能力がないことがはっきりしてきたと思います。このような政党に、日本国をいつまでも統治してもらってはいけないです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

Re: 普天間迷走どこまでも―意思決定に手間取り続ける民主党に日本国統治は無理!!

yutakarlson 殿

御久しぶりです。
コメント感謝申し上げます。
返信が遅滞してしまい申し訳有りませんでした。

>普天間基地問題、連立政権内での意思統一できない状況にあります。
>このようなことは、他にも多くあります。
そもそも社民党の様な政党が与党であった事自体誤りでしたね。
連立を離脱した今となっては、あのような弱小政党などどうでも良い事ですが。
三党連立時代(「時代」と言っても、つい一週間程度前のことですが。)を思い返してみるに、政権内の意思疎通が決して潤滑とはいえない状況でしたからね。
鳩山の辞任は嬉しいですが、解散総選挙とならなかった事が残念でなりません。
国民の信を問う勇気も無い民主党に腹が立ちますね。
まあ、確かに今選挙をすれば民主が大敗するのは火を見るより明らかですが。

貴殿のブログ、拝読させて頂きます。
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1002位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
436位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。