スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮軍の雷撃能力、想定以上

韓国海軍の哨戒艦が沈没した原因が北朝鮮の雷撃であった事は、昨日付けの記事でお伝えしたとおりであります。
韓国の哨戒艦を沈没させるに至った北朝鮮軍の雷撃能力は、当初米韓軍などが予想していた以上に強力である事が分かってきました。

想定を超えた北の雷撃能力

5月20日21時14分配信 産経新聞

 韓国海軍哨戒艦殉職乗員の海軍葬で、沈没海域を担任する韓国海軍第2艦隊の司令官は戦闘服のまま海上自衛隊高官の弔問を受けるや戦闘指揮所に引き返した。米軍も韓国軍に海底設置型ソナーを供与、対潜能力底上げを図る方針のようだ。司令官や米軍の緊張ぶりには「北朝鮮による魚雷攻撃(雷撃)」への強い驚きが表れていた。それほど、北の雷撃能力は想定を超えていた。

[フォト]報道陣に公開された韓国海軍哨戒艦の切断部分

 軍艦・大和も大東亜戦争で魚雷の餌食となったが、その恐ろしさは当時の比ではない。直撃せず、艦底通過時に起爆、エネルギーは上に張り出す。艦を真上に「逆V字」を描きながらすさまじい力で押し上げる。押し上げられた艦は、艦と海面の空間の急激な収縮で、今度は「V字」を描きながら押し下げられる。逆V字とV字の往復で韓国艦はポッキリと折れた(バブルジェット現象)。さらに、魚雷は目標まで誘導されたり、自ら索敵したり、進化を遂げている。

 しかし、現場は水深40~45メートル。こうした浅海では、潜水艦による作戦行動は困難で、小型潜水艦か潜水艇が発射母体となる。北保有の小型潜水艦(サンオ級)は発表と同サイズの魚雷を無理をすれば装填(そうてん)できるが、この水深での魚雷発射は「針の穴に糸を通す」より難しい。発表によると、魚雷は水深6~9メートルで爆発したから、魚雷の通る幅は31~39メートルでしかなかった。

 世界トップ級の技量を誇る海自潜水艦でさえ浅海・東シナ海の水深200メートル海域での対潜訓練で魚雷発射に苦労している。しかも、サンオ級も潜水艇(ユーゴ級)も水中での工作員放出が主任務であり、魚雷発射は副次的だ。過去に座礁したり漁網に引っかかったりしており、操艦技術も低いとみられていた。

 水深のより深い西か南側から発射する戦法が合理的だが、そうであれば斜め上方向に艦を安定させ、至近から発射した可能性がある。それでも「的」の幅は狭い。今回の作戦に特化した技量向上に向けた猛訓練を繰り返したとしか考えられない「熟達ぶり」だ。

 北の潜水艦(艇)性能や操艦・魚雷発射など戦技レベルに懐疑的な専門家からは、当初、「人間魚雷」「水中工作員による自爆テロ」説が浮上。中でも「機雷」説は色濃く残っていた。バブルジェット現象は機雷の方が顕著に起こり、水深40メートルは対水上艦機雷にとって理想的水深であるためだ。

 北朝鮮が今回の攻撃を成功させる雷撃能力を備えてきたことが事実だとすれば、韓国だけでなく、在韓米軍や海上自衛隊にとっても大きな脅威だ。魚雷や機雷などの技術・運用方法が拡散し、テロに利用される懸念もある。民主主義各国は大量破壊兵器に加え、この種の恐怖とも戦うことになった。(野口裕之)



北朝鮮軍に核兵器以外の通常兵器でもそれなりの能力を持った部分があったとは、以外ですね。
我が大日本帝國海軍にとっても他人事では有りませんよ。
それより気になったのが、報道記事中の以下の一文です。

今回の作戦に特化した技量向上に向けた猛訓練を繰り返したとしか考えられない「熟達ぶり」だ。



あくまでこの報道記事を記した記者の意見では有りますが、今回の事件はかなり計画性を持ったものであった可能性が高いということです。
従来、北朝鮮と韓国の国境紛争は大抵の場合、北朝鮮側も韓国側も「偶発的な物」で済ませてきましたが、決して現地レベルの偶発的事件ではないと言う状況証拠が出てきた訳です。
何だかんだ言っても朝鮮戦争はあくまで「休戦」しているだけであり「終戦」した訳ではないと言う事を、韓国国民や米韓両軍に強く印象付ける出来事になるのかも知れませんね。
まあ、筆者としましては、以前から述べている通り「朝鮮戦争の「戦闘」の再開」を願っている訳で、こういう兆候は非常に嬉しい物なのでありますが。
あのような糞半島など、南北で戦争をして御互いに潰れてくれるのが最善なのであります。
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

本当に北がこんなすごい魚雷を持っていること自体にまず驚きましたね。
しかしこれはゆゆしき事態でありましょう、早急に日本も軍備をきちんと備えるべき時だと思うのでありますが今の政権ではありえないですね。
私も今回の一件は計画的だと思っています。所詮は「休戦中」なんですから何が出ようと本来は驚くことでのないのかもしれませんが。
勝手に自分たちで戦争して滅んでほしいものです、日本に迷惑かけないようにww。

Re: こんにちは

見張員 殿

コメント感謝申し上げます。
返信が遅滞してしまい申し訳有りませんでした。

北朝鮮の軍事力など微々たる物でありますが、それでも韓国軍の哨戒艦を沈める程度の実力は持って居たようですね。
我が大日本帝國も、当然ながら対岸の火事ではいられません。
幸い、現政権も倒れた事ですし(民主党政権自体は存続しますが・・・)、だから、と言うわけでもありませんが、早急に軍備を拡大せねばなりません。

>勝手に自分たちで戦争して滅んでほしいものです、日本に迷惑かけないようにww。
全くであります。
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
589位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。