スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鳩山政権】内閣支持率二割! 国民の過半数が不支持

時事通信社が実施した世論調査により、鳩山政権の支持率が続落し、ついに三割を切った二割三分七厘(23.7%)となっている事が明らかになりました。
臣民の過半数以上が政権に不支持と言う事態になっております。
売国政権の崩壊は間近かもしれません。

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持-時事世論調査

4月16日15時6分配信 時事通信
 時事通信社が9~12日に実施した4月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は前月比7.2ポイント減の23.7%となり、政権運営の「危険水域」とされる2割台に落ち込んだ。不支持率は同8.0ポイント増の56.5%と初めて過半数を占めた。小沢一郎民主党幹事長らの「政治とカネ」の問題に加え、米軍普天間飛行場移設問題で鳩山由紀夫首相が「5月決着」を公言しながら進展していないことなどへの批判が背景にあるとみられる。調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。回収率は67.1%だった。
 参院選比例代表の投票先では、民主が17.7%(同3.4ポイント減)、自民が16.8%(同3.7ポイント減)とほぼ拮抗(きっこう)。みんなの党は7.2%(同4.0ポイント増)となり、5.2%の公明を抜いて「第3党」に躍進した。
 鳩山内閣への評価を支持政党別にみると、支持政党なしの無党派層は、「支持」が17.4%にとどまり、「不支持」は57.6%だった。民主支持層では、支持が64.5%、不支持が23.8%。一方、連立を組む社民支持層は、不支持53.8%が支持30.8%を上回った。
 不支持の理由(複数回答)は、「期待が持てない」が35.0%(同9.1ポイント増)に急増。「リーダーシップがない」32.1%(同5.6ポイント増)、「政策が駄目」21.0%(同6.1ポイント増)が続いた。支持する理由は「他に適当な人がいない」8.4%、「政策が良い」4.8%、「首相の属する党を支持している」4.6%の順。
 小沢氏の進退については、「幹事長を辞めるべきだ」が46.2%(同2.3ポイント減)、「幹事長だけでなく衆院議員も辞めるべきだ」が29.7%(同1.6ポイント減)と、合わせて75.9%(同3.9ポイント減)が幹事長辞任を求めている。 



ついに過半数が不支持でありますか。
仮にも多数決を至上とする議会制民主主義を掲げている国家にとって、「国民の過半数の意見」は「国民の総意」とも解釈できる訳です。
これは、政権に解散してもらうしかないですね。
このままズルズルと延命したところで、国民の不支持率は更に上がっていきますよ。
「支持0% 不支持100%」なんてニュースが見られる日がそう遠くない未来に来るかもしれません。

鳩山由紀夫よ!大日本帝國臣民は貴様の首相辞任と政権解散を強く求めている!一日も早く解散総選挙を実行せよ!
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

売国政権が崩壊するのは嬉しいことですが、次に我が大日本帝國をまとめる人がいないという現実もあります。
自分は、貴殿のような正しい思想をお持ちの方が皇国を治めるべきだと考えております。
1つ質問したいのですが、次に選挙が行われたらどの政党に投票しますか?

Re: お疲れ様です

旗風 殿

コメント感謝申し上げます。

>売国政権が崩壊するのは嬉しいことですが、
>次に我が大日本帝國をまとめる人がいないという現実もあります。
先日の記事でも述べたことなのですが、「民主党政権崩壊直前の日本(=現在の日本)」と言うのは「(大東亜戦争初期の)南方作戦完遂直前の日本」と似ている状況に置かれていると感じます。
「南方資源獲得」ならぬ「民主党打倒!」を合言葉に活動されている方々が数多くいらっしゃいますが、少なくとも現段階では、民主党売国政権崩壊後の日本の進むべき道のりを示せている方は余り居ないのではないでしょうか。
自分にも、民主党崩壊後の戦略と言うのが思いつきません。
なぜなら、売国政権の跡を継ぐ皇国の正当継承者たるに相応しい政党・議員が未だ出現していないからであります。
これでは、南方を勢力下に置いた後の具体的な対米英戦略を見出せなかった65年前の我が皇国と同じ状態に陥ってしまいます・・・。

>自分は、
>貴殿のような正しい思想をお持ちの方が皇国を治めるべきだと考えております。
筆者の様に浅学非才な男が「皇国を治めるべき」とは、大変恐れ多い事であります。
しかし、その様な事を言って頂けるのはこの上なく栄光な事であると感じます。有難う御座います。
自分が本当に皇国の統治者になる事は九割九分九厘不可能ですが、確かに自分と志を同じくするような思想の方が新たな首相になって下されば非常に嬉しいです。

>1つ質問したいのですが、次に選挙が行われたらどの政党に投票しますか?
先述の通り、非常に難しい質問ですね・・・。
少なくとも公明党にだけは絶対入れないことは確かなのですがw
かと言って、他の諸政党にも投票する気は起きません。
消去法だと最後に残るのは自民党ですが、自分は自民党も皇国の統治者に相応しいとは思えませんので。
自民党も他政党と同じくクズ同然の売国政党であることは、歴史が証明しております。
盲目的な対米追従や公明党との連立などに代表される売国政策の数々・・・。
とても支持することが出来る正当でないのは明らかであります。
となれば、結局白紙投票ぐらいしか出来ませんよね・・・。
でも、白紙では何の意味もないし・・・。

こう考えると、自分にとって選挙と言うのはまさに八方塞の状況ですね。
若し可能なのであれば自分が出馬するのですが・・・。

こんにちは

遅きに失した感がありますが、ともかくよかったというか国民は目覚め始めたのでしょうか。
しかし旗風さまのおっしゃるように
>次に我が大日本帝國をまとめる人がいないという現実
が、目の前にそびえておることは不変の事実であります。
いろいろな新党が、こういうときは当然のように次々と立ち上がってきますが、それらにははたしてわが帝国をまかせられる、まかせていいというだけの度量があるのか、まあこれらは今の段階ではまだ未知数であり今からあれこれ言ってはいけませんが、心配になるのも当然かもしれません。
彼らの主義主張、そして何より「日本」(現在・過去・未来をも含めた日本全体)をどれだけ大事に、そしてよくしてゆこうとお考えなのかをしっかり聞いてゆきたいと思っています。

そうですよ!「大日本愛国義勇軍」様、ぜひ選挙にお出になればいいのです!!
貴方様のように本当の憂国の情に燃え、日本のことを深く愛する人たちにこそ日本はまかさるるべきです。

Re: こんにちは

見張員 殿

コメント感謝申し上げます。

>遅きに失した感がありますが、ともかくよかったというか国民は目覚め始めたのでしょうか。
そうですね。
半年も経ってからでは遅すぎるとも思いますが、やっと多くの帝国臣民が目覚め始めて下さったのだと思います。
良い傾向です。
しかし、見張員殿や旗風殿も御主張なさられている通り、「次に我が大日本帝國をまとめる人がいないという現実」は、民主党政権崩壊後の日本に間違いなく存在しているのであります。
民主党政権の早期崩壊が間近に迫る今だからこそ、皇国を安心して任せられる確かな政党が生まれなければならないのであります。

>そうですよ!「大日本愛国義勇軍」様、ぜひ選挙にお出になればいいのです!!
>貴方様のように本当の憂国の情に燃え、
>日本のことを深く愛する人たちにこそ日本はまかさるるべきです。
その様な事を言って頂けるのは、非常に光栄な事であると存じます。有難う御座います。
出来る事であれば自分も是非出馬したいのですが・・・。
人に誇れるような高学歴があるわけでも頭が良い訳でもありませんが、不遜ながらも、そこらの売国議員どもよりは余程まともな仕事が出来ると自負しております。
機会さえ巡ってくれば、必ずや皇国の為に働ける議員を目指し出馬したい物ですね。
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
612位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。