スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【泰国動乱】泰国軍、実弾水平発射を認める

泰国動乱に於いて、我が帝国の報道関係者・村本博之殿が亡くなられた4月10日の戦いで、今まで「威嚇の為に空に向けてのみ実弾を発射していた」と主張していた泰国軍部が、「水平に実弾を撃った」事を認めました。
但し、タクシン派反政府組織も実弾を水平発射している為、村本殿を殺害したのがどちらの勢力下は以前不明のままです。

<タイ>軍兵士が実弾を水平発射…10日の衝突で 軍認める

4月15日0時43分配信 毎日新聞
 【バンコク西尾英之】タイ陸軍報道官は14日、ロイター通信日本支局のテレビカメラマン、村本博之さん(43)を含む22人が死亡した10日の軍とタクシン元首相派組織「反独裁民主戦線」(UDD)との衝突で、軍兵士が実弾を水平発射していたことを初めて認めた。これまで軍は、威嚇のため実弾を空に向けて撃ったが、水平発射はしていないと主張していた。

 フランスのテレビ局がインターネット上で、兵士が自動小銃を水平に撃つ映像を公開。軍報道官はこの映像が本物であることを認め、UDDの攻撃から身を守る自衛のための実弾発砲で、やむを得なかったとの立場を示した。

 現場ではUDD側も自動小銃を発砲していたとの目撃証言がある。衝突に伴う混乱のなか、軍とUDDが激しい銃撃戦を繰り広げた可能性が極めて高くなった。

 バンコクの病院で12日行われた民間人の死者11人の司法解剖では、村本さんを含む10人が自動小銃などから発射される威力の大きい「高速弾」を受け死亡したとされた。取材中だった村本さんは左胸に被弾した。ただ、軍とUDDのどちらの銃撃によるものかは不明のままだ。



記事中には「自動小銃」「高速弾」と言う表記しかされていない為、10日の戦いでどちらの勢力がどの様な銃器を使っていたのか把握できませんが、若し両勢力で同一の弾薬を使用している銃器が使われていたとしたら、村本殿を殺害したのがどちらの人間なのかは永久に分からないかもしれませんね・・・。
泰国陸軍の正式採用自動小銃は「M16A1」及び「M16A2」、「HK33E」だそうですから、使用弾薬となると米軍で言うところの「M193」乃至「M855」と言うことになるのでしょうが。
さて、UDDは一体どの様な小銃を使っていたのでしょうか?

まあ、犯人を突き止めるのは警察の仕事です。
報道記事を読んだだけの素人の筆者が愚考を重ねたところで犯人が分かる訳などありません。
自分に言えることは、無抵抗の帝国臣民に手を出した者には相応の罪を与えるべきである、と言うことであります。
確かに、戦闘状態の混乱の最中ではやむをえない部分もあったでしょう。
村本殿を射殺した者だって、まさか無抵抗の日本人と分かった上であえて撃ったのではないでしょう。
逆に、無抵抗の日本人とわかっていながらあえて殺したというのなら、自分はそいつを絶対に許しませんが。
しかし、いくら止むを得ない部分も有るとは言え、罪が有る事は事実です。
確りと自らの罪業を認め、償う努力をして頂きたいものですね。

ただ、村本殿の件とは切り離して考えれば、反政府デモ隊の彼ら自体を否定する気は有りません。
「例え政府だろうと、おかしいことはおかしい」と自らの正義の為に銃をとる覚悟は、大方の現代日本人には先ず有り得ない物でしょう。
下手をしたら軍に殺されるかもしれない、と言う状況にありながらも、己の信念の為に戦っている彼らの姿勢からは、学べるものも多いと思います。
「一般国民一人一人が自国の正義の為に戦う」姿勢を、日本人も少しは見習うべきです。
かく言う筆者も、何だかんだ言った所で、いざ「国の為に死ね」と言われて躊躇いもなく「大日本帝國万歳!」と叫んで散っていくことが出来るほどの人間である訳はありません。
そして、大方の国民にしてみれば、それは普通の反応だと思います。
自分は、本当に国民一人一人が文字通り「国の為に死ぬ」ようなことは有ってはならないと考えます。当然ですが。
しかし、国民一人一人が「国の為に死ぬ」ぐらいの覚悟を持つことは、必ずしも悪い事ではないのではないかと思うのであります。
「死ぬ」とまで行かなくとも、「国の為に戦う」姿勢は多かれ少なかれ持つべきでしょう。
ちなみに、此処で言う所の「国」と言うのは、日本国家だけを指しているのでもなければ、日本政府のことでも有りません。
「国家」「国体」「国民」「郷里」「親族」「友人」といった概念を包括的にあらわした抽象的な言葉の心算で使っています。
「愛国心」の形は人それぞれです。
生まれ育った郷里を想う心であろうとも、親族を想う心であろうとも、友人を想う心であろうとも、何なら自分自身を想う心であろうとも良い訳です。
逆に、「日本政府」を想う心でもいいでしょう。(まあ、そんな方が居るかは知りませんが。)
そういう意味での抽象的な「国」の為に戦う心は、国民誰もが持たなければならないと思います。
尤も、「自分自身」すら「国」に含めてしまえば、「国」を想う心を持たない人のほうが少数でしょうがね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いずれにせよ、

村本さんはお気の毒としか言いようがありませんね。

タイ国も、誰がしたにせよ、罪もない一ジャーナリストを結果的には殺害してしまったのですから補償なりなんなり、してほしいものですね。

私も反政府デモそのものは非難しませんね、これが彼らの「憂国」の形であり、「愛国心」のなせる技なら、それ自体は不満があってもまかれてしまう日本人よりもあっぱれな行為かもしれませんから。

Re: いずれにせよ、

見張員 殿

コメント感謝申し上げます。
御気の毒な出来事でしたね・・・。

>タイ国も、誰がしたにせよ、
>罪もない一ジャーナリストを結果的には殺害してしまったのですから補償なりなんなり、
>してほしいものですね。
全くです。
泰国軍にせよタクシン派(反政府デモの人達)にせよその他第三勢力にせよ、我々日本人から見れば大きく分けて「タイ国民」と言う一括りの中にあるのですから。
内政に干渉する心算はありませんが、対外的な責任は確り取って頂きたいと思います。

>私も反政府デモそのものは非難しませんね
あれが彼らなりの「愛国心」の具現化であるのなら、それ自体を批判するのはおかしい事でしょうね。
自分がおかしいと思った事を素直に「おかしい」と表現できない、「長い物には巻かれろ」な日本人より何倍も格好良いと思います。
我々も、行く行くは弱腰売国日本政府を相手取って大規模なデモを開催するぐらいの事はしたい物です。
見張員殿。大規模デモの暁には、戦友として「戦場」で会いましょう!w
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
410位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。