スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非国民法相・千葉景子、半年で死刑執行ゼロ

「死刑廃止派」としてしられた売国法相・千葉景子が、就任以来の半年で一度も死刑を執行していないことが分かりました。

千葉法相は廃止派」千葉法相、半年で執行ゼロ

3月16日10時2分配信 読売新聞

 鳩山内閣では、「死刑廃止を推進する議員連盟(廃止議連)」のメンバーだった千葉景子氏が法相に就任し、死刑制度に注目が集まったが、昨年9月の就任以来、執行は一度もない。

 自公政権下の昨年7月、森英介前法相時代に執行されたのが最後で、現在の死刑確定者は109人に上る。法務省によると、年末時点での未執行者数として過去最多だったのは、2007年末の107人で、現在はこれを上回っている状態だ。

 千葉法相は昨年9月16日の就任記者会見で、死刑執行について「法相という職責を踏まえながら慎重に考えていきたい」と発言。内閣府の世論調査で死刑容認派が過去最高の85・6%に上ったことに触れた今年2月9日の記者会見では、「非常に高い数字で重く受け止めたい」としながら、「一つの世論調査だけですべての世論を表しているのかどうかは、もう少し慎重に考える必要もあろうかと思う」と述べた。

 昨年5月に始まった裁判員制度の対象には、最高刑が死刑の事件が含まれている。死刑制度の存続の是非について、千葉法相は「国民的な議論を起こしたい」と繰り返しているが、省内で研究会を発足させるなどの具体的な動きは何も起こしていない。

 国民が死刑制度について考えるための情報提供も進んでいない。刑場の公開はもちろん、死刑執行状況についての文書の情報公開を請求しても、執行の様子がわかるような記述はすべて黒塗りされている。

最終更新:3月16日10時2分



先ず明言しておけば、自分は完全に「死刑賛成派」の一人であります。
なので、そもそも「死刑廃止」と言う主張をする者とは一切相容れないのですが、一般の国民が廃止を訴えるのは個人の自由だと思います。
本人が本気で死刑を廃止するべきだと考えているのであれば、その様な信条を主張をするのも又一つの道でしょう。

しかし、件の千葉景子の場合は話が違います。
彼奴は、何と足掻こうが仮にも大日本帝国政府の中で司法を管轄する法務省の長たる「法務大臣」なのであります。
死刑囚に対する死刑の執行は列記とした法相の仕事の一つです。
厳正な裁判を経て現行法の下で「死刑」が決定した人間を処刑するのは、法相がやらねばならぬ仕事なのであります。
そこには、個人の思想や信条が入り込む余地は有りません。
何故死刑囚が刑を免れて税金で飯を食っているのでありますか?
罪人の分際で仕事もせずにのうのうと生きているのでありますか?
死刑が決定した罪人を臣民の血税で長きに亙り養ってやらねばならぬ道理は有りません。
千葉景子は、帝国法務大臣として即刻に死刑の執行を再開すべきです。

若しどうしても執行をする事が出来ないというのならば、先ずは閣僚から降りてください。
帝国政府の閣僚と言う身分を棄てた上で、一議員、一国民として堂々と「死刑の廃止」を訴えればよいのであります。
しかし、仮にその様な事を主張したところで大多数の国民は相手になどしませんよ。
「国民的な議論を起こしたい」と主張するのであれば、国民の意思に確り従って頂かねばなりません。
「国民的議論」の結果など目に見えているのであります。
殆どの大日本帝國臣民は、死刑囚に対する死刑の執行を望んでいるのであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

私も死刑賛成派です。
特に殺人を犯したら(中には殺すつもりがないのに相手が死んでしまったというケースはありましょう、それは別としても)自分の命をもってあがなうのが当然でしょう。
今回の法務大臣は、ちゃんと自分の仕事をしているのでしょうか?
鳩山政権の一員だから、凶悪犯罪者にも「友愛」「博愛」というならそれは大間違いですね。
こういう軟弱な体質があるからいつまでたっても、凶悪犯罪がなくならないのではないか、と思ってしまいます。

No title

見張員 殿

コメント感謝申し上げます。
殺人犯を何故か必死で擁護する左翼連中の言い分には呆れるばかりであります。
死刑に反対する意味が理解できません。

>(中には殺すつもりがないのに相手が死んでしまったというケースはありましょう、
>それは別としても)
自分の考え方では、これも理解できません。
しばしば裁判などでは「殺意の有無」が争点になる事が有ります。
それによって、「傷害致死」か「殺人」かに分かれるのです。
しかし、少なくとも遺族などにしてみれば殺意などどうでもいいことなのではないでしょうか。
殺すつもりがあろうがなかろうが、「被害者が死亡した」と言うのは絶対に変える事の出来ぬ事実なのであります。
結果として被害者が死亡した以上は、殺意の有無に関わらず死刑が妥当と考えます。
尤も、言うまでも無い事とは言え、事故などの「相手を傷つける気すら全く無かった」場合は別ですよ?
自分が言っているのは、「怪我をさせるだけの心算が殺してしまった」パターンの事です。

まあ、被害者にも落ち度がある場合などは別ですがね。

>鳩山政権の一員だから、凶悪犯罪者にも「友愛」「博愛」というならそれは大間違いですね。
全くです。
凶悪な殺人鬼にも支那や朝鮮にも友愛などと言う概念は通じません。
若し鳩山が友愛などと言う言葉を本気で使っているのならば、即刻止めるべきです。
その様な弱腰体制が敵に付け込まれる隙を作るのであります。

まあ、死刑執行をすぐ行うかそれとも長らえるか、議論の焦点だと、 死刑制度そのものが、廃止でないかぎり、長らえる場合においてはいつ執行される恐怖感と言う事があるから、自分との自問自答が続きます。 まあ、最高刑の殺人を犯した者は当然その罪を報いなきゃいけないのは当然でありますが、ただ現在の日本の判例では無期懲役刑止まりが多いのも事実であります。 まあ、遺族の心情を想うに納得はいかないでしょう。 現代の司法制度の欠陥でありますね、 まあシナ辺りなら麻薬携帯で銃殺ですから、帝国とは重さがちがいます。 まあ、共産国と民主主義の相違なる点でしょうね、 自分は死刑賛成ですが、まあそれは当然の報いですので、遅い執行で恐怖感を与えるか(いつ執行されるかわからない恐怖感)です。 早く執行した場合には楽にしてやる安堵感。 遺族の気持ちは計り知れない物があります。 結論として、楽に死なせないで殺人を犯せば倍になる恐怖感を植え付けてやりたいものであります。 私は死刑には種類を多くして恐怖感を与えながらしんで貰いたいですね
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
449位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。