スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国境無き記者団」が「ネットの敵」を発表 中共の言論弾圧を批判

全世界の操觚者(ジャーナリスト)や報道関係者により組織されている国際的な団体「国境なき記者団」が、ネット上に於ける言論の自由を侵す「インターネットの敵」の一覧表を公表しました。

国境なき記者団が「ネットの敵」発表 中国など12カ国

3月15日10時29分配信 ITmedia News
赤が「インターネットの敵」、濃いグレーが「監視対象」

 国境なき記者団(RSF)は3月12日、インターネットの言論の自由を脅かす「インターネットの敵」リストの最新版を発表した。

20100315-00000006-zdn_n-sci-thum-000.jpg
上記画像:「インターネットの敵」に指定された国々。
赤が「インターネットの敵」、灰色は「監視対象」。



 今年ネットの敵として挙げられたのは、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの12カ国。いずれもネットコンテンツの検閲や、政府に批判的な発言をしたWebユーザーを投獄するなど、Webにおける言論統制を行っているという。特に中国は最近、ネット検閲をめぐってGoogleと対立していることが話題になった。

 RSFによると、2009年には約60カ国が何らかの形でWeb検閲を行った。2008年と比べると2倍に増えたという。Webユーザーが標的にされるケースも増えており、オンラインで自由に意見を述べたことで投獄されたブロガーやネットユーザーは過去最高の120人近くに上った。中でも中国が最も多く、72人を拘留したという。

 その一方でTwitterのような新しいコミュニケーションツールが規制下での情報発信に利用されるようになっており、「Web 2.0がControl(統制)2.0と衝突している」と同団体は述べている。

 またRSFは、懸念が持たれるネット政策を取っている国を「監視対象」として挙げている。今年はオーストラリア、バーレーン、ベラルーシ、エリトリア、マレーシア、ロシア、韓国、スリランカ、タイ、トルコ、UAEが挙がった。オーストラリアはインターネットフィルタリングシステムを導入予定であること、韓国はネット実名制で「匿名性を損なっている」ことが懸念されている。ロシアとトルコは今年新たに監視対象に加わった。ロシアではブロガーの逮捕や過激派サイトの遮断が行われており、「インターネットが政治統制の道具にされる恐れがある」という。トルコでは民族問題などを理由にYouTubeなど多数のサイトへのアクセスが遮断されている。

 RSFは3月12日を「世界サイバー検閲反対デー」とし、オンラインの表現の自由を守ることに貢献した人物に「Netizen Prize」を贈る。今年はその第1回で、イランの法律における女性差別撤廃を目指すサイト「Change for Equality」の創設者が選ばれた。


最終更新:3月15日10時29分



幾つもの国家がリストアップされていますが、その中でも特に酷いのが支那中共ではないでしょうかね?
最近では米国の「グーグル」社を巡った問題などでも注目されている中共ですが、あの国ではネットに限らず非常に強い言論統制が行われております。
支那国民が自由に政府を批判する事が出来る日は、永遠に訪れないのでしょうか?

しかし、今まで言論統制とは完全に無縁だった世界一の民主主義国家・日本も、近年では当局に言論を弾圧されることが他人事とは言えなくなって来ました。
昨日から「時局論壇」でも緊急記事扱いで採り上げている「人権擁護法」や「児童ポルノ禁止法」など、日本でも一般国民の自由な言論を弾圧するような動きが有ることは非常に憂慮すべき事態であります。
このような危険法案が可決されてしまうと、中共と同様に政府を批判しただけで投獄されるような事態が現実になりかねません。
可決の暁には、毎日のように民主党政権や朝鮮人勢力などを批判する記事を掲載している筆者も官憲に逮捕されてしまうかもしれないのであります。
このような非常に危険な要素を孕んだ法案は絶対に可決させてはなりません。
「インターネットの敵」リストに「日本」の二文字が追加される事にならないようにする為に、反日主義者どもと断固戦いましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
526位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。