スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もう一度読む歴史教科書」人気好調

高校生向けの歴史教科書を再編集して市販している大人向けの歴史書である「もう一度読む山川歴史教科書」シリーズが人気を博しているそうです。

もう一度読む「山川歴史教科書」 「歴女」や若手ビジネスマンに人気

2月14日10時12分配信 J-CASTニュース
 高校生の教科書を再編集した大人向け歴史書が異例のヒットとなっている。歴史ブームの中、歴史に興味がある女性「歴女」や若手のビジネスマンが購入していくようだ。

 話題になっているのは歴史書の老舗・山川出版が2009年8月30日に売り出した書籍「もう一度読む山川世界史」と「もう一度読む山川日本史」だ。二冊は、2004年まで実際に高校で使用された教科書「日本の歴史」「世界の歴史」をベースに、一般読者向けに再編集したものだ。

■部数8万部に編集部は「驚いています」

 なぜ、今、歴史教科書なのか――。編集部によると、これまでは通史をコンパクトにまとめた書籍がほとんどなかったと言う。通史のほとんどは大型の書籍だからだ。そんな中で、山川出版は強みである歴史教科書を一般読者向けの書籍として発行したいと常々、考えていたそうだ。

 その上、ベースにした教科書「日本の歴史」「世界の歴史」は解説の質がとりわけ高く、一般の人にも十分に読み応えがあったため、発行に踏み切ることになった。再編集の過程では配列を考えながら、新たに注や解説をつけ加えた。今では教科書のほとんどがカラーなのに対し、二冊は巻頭のカラーページを除いてあえてモノクロにした。一般的な教科書とはまた少し違う、書籍として読み通せる工夫を凝らしている。

 初版各7000部だったのが今では、いずれも9刷約8万部程度にまで部数を伸ばした。編集部は「売れ行きには驚いています。しかも、普通は世界史よりも日本史の方が人気があるのに、二冊は部数が同程度で推移しています。珍しい動きです」と話す。ちなみに、ネット通販「amazon」のベストセラーランキング「歴史・地理」のカテゴリーでは2010年2月13日現在、2位に「日本史」が3位に「世界史」がランクしている。

■「ニュースの背景がわかる社会人のための教科書」

 では、どんな人が購入しているのだろうか。紀伊國屋書店の調べによると、「日本史」では、男性と女性の割合は51.3%:48.7%とほぼ同数だ。年代別に見ると、30~49歳が47.4%、19~29歳が27.5%、50歳以上が23.4%という結果に。一方、「世界史」の男女比は54.4%:45.6%。年代別では30~39歳が47.0%、19~29歳が27.4%、50歳以上が23.4%ということがわかった。

 紀伊國屋書店の担当者は「『日本史』購入者の中でも19~29歳を見ると、女性は13.8%に男性13.2%でした。それ以外の年代では女性よりも男性の方が多い。したがって、日本史好きの若い女性『歴女』が購入しているとも言えそうです」と分析する。

 一方、前出の山川出版編集部も「書店での反響を聞きますと、40代~50代の中高年が懐かしいと購入していくのと、若いビジネスマンや20~30代の女性にも裾野は広がっていると聞いています」と言う。若手ビジネスマンを取り込めたのは、本の腰巻きに入れたキャッチコピー「ニュースの背景がわかる社会人のための教科書」が目を引いたせいかもしれない。

  「試験のために勉強した歴史が社会経験を積むことで、また理解度が違うと思います。そして今の教科書は昔と随分、違うと感じるかもしれません。たとえば、今はイスラム圏の歴史が充実しているのが特色です。教科書を読み直すことで新たな発見があると思います。教科書は最先端の研究者が執筆し、かつよく整理、精査された贅沢な書籍。ものごとの背景を知るのに上手にいかしていただければと思います」



国家を支えるのは国民の愛国心であり、国民の愛国心を支えるのは誇るべき自国の歴史であります。
自国の歴史を誇らしく感じれば感じるほど愛国心は強まっていくのであります。
即ち、国民が自国の歴史に興味を持つことは間違いなく国家にとって有益な事なのであります。
このような書籍の発刊で今まで歴史に微塵も興味が無かった方々が日本史の知識を深めて頂く事は、大変素晴らしい事でしょう。
同書に限らず、今は全く歴史に興味を御持ちでない方が何らかの切っ掛けを通して関心を抱いて頂ける様な機会が増えると良いですね。

但し、愛国心を向上させる為に肝心なのは「“誇りある”歴史」を学ぶ事なのであります。
現在の学校教育の過程で教えられている様な、「東京裁判史観」に代表される自虐的な歴史を覚えたところで愛国心など育つはずがありません。
寧ろ、自虐史観を知れば知るほど愛国心が減退して行ってしまうのであります。
その様な歴史など学ばぬ方が良いのであります。
愛国心を大きくする為には、自国を誇りに思えるような歴史を学ばねばなりません。
「誇り無き歴史」が存在する意味など無いのであります。

今回の記事で採り上げた「山川歴史教科書」が「誇りある歴史」なのか「誇り無き歴史」なのかは、同書を未読の自分には分かりかねます。
折角人気が出ているのですから、有意義な内容ならば良いのですが。
若し後者ならば、このような本など絶対に読むべきではありません。
願わくば、同書が前者である事を。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
526位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。