スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井金融相、「夫婦別姓法案」に反対

政府により法案が提出される予定の「夫婦別姓法案」に対して、国民新党代表の亀井静香金融相が反対を明言しました。

夫婦別姓法案に反対=亀井金融相

2月7日17時32分配信 時事通信
 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、広島県尾道市で開かれた地元企業の会合であいさつし、政府が今国会に選択的夫婦別姓制度を導入する民法改正案を提出する予定であることについて「夫婦なのに名前が違うのがあるべき姿なのか。私は反対だ」と明言した。
 亀井氏はまた、政府が提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案にも言及し「国民新党は二つとも反対だ。民主党がいくらのぼせても、国民新党が反対する限りは(政府は)絶対に提出しない」と述べ、法案を決定する閣議で署名を求められても拒否する可能性を示唆した。



以前もこのブログや本家サイトの「旭日」などで述べたことですが、自分はこの「選択的夫婦別姓」の導入には原則的に賛成です。
まあ、決して夫婦が別姓である事を積極的に推奨している訳ではなく、賛成している理由はあくまで「選択的」であるがゆえに、ですが。
恐らく制度が導入されたところで、殆どの夫婦は此れまで通りに同姓を選択するでしょうからね。
その中でも、何らかの事情で別姓にならざるを得ない夫婦だけは其方を選択すれば良いだけのことなのであります。
個々人の事情に合わせた法制を作るのは大事な事であり、選択的別姓であればデメリットも無いのですから反対する理由は無いでしょう。

但し、上記記事の亀井氏の話にも有るように、この法案と同時に語られることもある「外国人参政権法案」には絶対に反対です。
夫婦の別姓など何の実害も無い些細な法改正ですが、外国人参政権法案は次元が違いますよ。
このような制度が導入されれば、日本の「国体」が滅びます。
この法案は、民主党売国政権による「体制側からのテロリズム」なのであります。
体制側のテロと言えば「白色テロル」と言う言葉が脳裏に浮かびますが、本来この言葉が使われる場合の「体制側」とは「保守勢力」と相場が決まっています。
しかし、現代日本では「体制側」が「保守」とは正反対にあるのですから皮肉な話であります。

兎にも角にも、この「外国人参政権法案」だけは絶対に成立させてはならないのであります。
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
582位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。