スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日中歴史共同研究委員会」、「南京事件」を捏造

日支両国の「有識者」による「日中歴史共同研究委員会」が、二十四日に最終報告をまとめ報告する事が判明しました。
同委員会は、支那事変(日中戦争)初期に日支間で戦われた南京攻略戦に伴い発生したとの捏造が行われている所謂「南京大虐殺」を、(犠牲者数の違いはある物の)日支両国側が認める結果となっています。

日中歴史共同研究、「南京事件」は両論併記へ

12月22日3時5分配信 読売新聞
 日中両国の有識者による「日中歴史共同研究委員会」(日本側座長=北岡伸一・東大教授)が24日にも最終報告をまとめ、このうち「総論」を発表することが明らかになった。

 時代ごとに担当委員が執筆した論文を盛り込んだ「各論」も近く公表される見通しだ。

 ただ、南京事件の犠牲者数など両国の争点となっている論点を巡っては溝が埋まらず、両論併記になる見通しだ。

 1945年以降の現代史については公表を見送る方向となった。中国側が現在の中国政府への批判につながることを懸念したためとみられる。

 日本軍が37年に中国・南京を占領した際に起きた南京事件に関しては、中国側は政府の公式見解「犠牲者30万人」を譲らず、日本側も「数万人から20万人まで」など様々な説があると主張したため、両論併記とすることとした。日中戦争についても、日本側は「軍部の一部勢力に引きずられて戦線が拡大した」との見解を示したが、中国側は「計画的な中国への侵略」と結論づけ、かみ合わなかった。

 現代史に関する公表が見送られるのは、米英など連合国がいわゆる「A級戦犯」を裁いた東京裁判(46~48年)や、天皇陛下の中国訪問(92年)などの評価で意見が対立したためだ。89年の天安門事件なども、「中国側には触れられたくないテーマ」(関係者)だという事情があった。


最終更新:12月22日3時5分



戦後史を「中共政府批判を避ける為」などと言う理由で扱っていない時点で「日中歴史共同研究委員会」が支那寄りの反日組織である事が容易に予想されますが、
「南京大虐殺」などと言う支那人の歴史捏造を認めている時点で我が帝国に仇為す国賊集団である事は間違いない事実であります。
南京大虐殺と言う歴史捏造を語ると、それだけで本当に本が一冊出来てしまう程の大きなテーマなので此処では多くは語りませんが、「南京大虐殺」は支那人が捏造した真っ赤な嘘であると言うことは明言しておきます。
そのような嘘を認めておいて何が「有識者」でありますか?
「無識者」もいいところであります。
歴史の事実から目を背ける反日主義者どもの分際で偉そうに歴史を語ることは許されません。

我が大日本帝国は侵略など一切していないのであります!!!

大東亜戦争は、我が帝国に対する米英の侵略戦争であります。そして、大東亜共栄圏建設の為の正義の戦争であります!!!

歴史の事実を捏造する反日主義者を地上から追放しろ!!!
大日本帝國万歳!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
533位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。