スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴代首相「私が決めます」は恐怖の台詞?

首相が口にすると悲しい運命に見舞われる恐怖の台詞が存在するそうです。
―――「私が決めます」
そんな言葉をついつい口にしてしまったが為に大変な事態に陥ってしまった歴代首相の御話を、ある新聞記事からお伝えします。

鳩山首相「私が決めます」は恐怖のセリフ 麻生前首相も…

12月20日18時21分配信 産経新聞

 怖いセリフがある。「私が決めます」

 このセリフを口にすると、悲しい運命に見舞われることが多いからだ。

  [フォト]報道陣の質問に答える鳩山首相

 もちろん、気にしているのは鳩山由紀夫首相の普天間問題での「最後は私が決めますから」という発言だ。

 鳩山首相にとっては、これは異例の発言ではない。

 10月24日夜、訪問先のタイで、鳩山首相は言っている。

 「みなさんのいろんな判断を伺いながら、最終的には決めるのはわたくしですから」

 もう、2カ月近く前の発言だが、既視感があるのが怖い。

 「私が決めます」で思いだすのは、麻生太郎前首相だ。

 テーマは普天間問題ではなかった。

 「解散時期は私が決めます」

 それでも麻生首相は、ほぼ任期満了になるまで、決断はできなかった。追い込まれ解散に過ぎない衆院選は、政権交代選挙として位置づけられた。

 麻生元首相の場合は悪いことに、「私は決断した」と解散の決断を、月刊誌に書いていたことも後でわかってしまった。

 それでも、「私が決めます」と言い続けて、決めなかった。

 そういえば、福田康夫首相も消費税増税について、「決断しなければならない時期」と語ったことがある。結構な騒ぎになったが、それも一過性だった。

 消費税問題は動かなかった。

 決断を簡単に口にしながら、実際には決断しない首相が続く中、福田元首相に対しては、小泉純一郎元首相がこんなことを言ったことがある。

 「私と逆の意見でも(福田元首相が)決断すれば支持します。決断するときは、毅然(きぜん)として決断してください」

 当時のテーマは内閣改造をするかどうかという、今日から見れば小さなテーマだったが、なんとか自民党を延命したかった人たちにとっては重大事だった。

 そのとき、小泉元首相は、どっちでもいいから決めろと諭している。

 ある政治記者が言った。

 「このままいくと、鳩山首相が重大な決意って言っても、政治記者が誰も反応しなくなるかもな」

 重大な決意とは、政治の世界で退陣を意味する。

 「私が決めます」という、未来の自分を語る言い方は、最近の政治の世界では「NGワード」なのだろう。(金子聡)



未来の自分を語るとよくないというのは、即ち、政治家がそれだけぶれる事が多いと言う事であります。
本来ならば我が帝国の臣民の先頭に立ち日本民族の明るい未来を築かねばならぬ立場にある首相が、基本路線を定める事も出来ず自分の未来を軽々しく言う事も出来ないとは、なんとも情けない話ですね。
堂々と「私は決めます」と国民に言える立派な首相が誕生する事を願って止みません。

まあ、実を言うと鳩山氏もある意味では絶対に揺るがぬ固い決意を一つ持っているのですが、何だと思いますか?
言うまでもないかもしれませんね。「反日」であります。
誰にもぶれさせられぬ強い信念を持つのは良い事ですが、その信念が自国を売るような内容であった場合、最早大日本帝國の首相たる資格はありません。
我が帝国がこれからも戦前のように世界から尊敬される強い自主独立国家である為には、「尊皇愛国」「富国強兵」の強い志を持たれた方が首相になる以外にありません。
そのような首相が誕生する事が有るかは分かりませんが、少なくとも現在の腐った自民党や民主党、共産党、公明党。社民党などの政治屋連中の中にはその素質のある方が絶対に存在しない事は確かであります。
ならば、その方は何処にいらっしゃるのでしょうか?
自分にも分かりませんが、自衛隊とかでしょうかね?
少なくとも、現在の売国政府と比べれば自衛隊による軍事政権の方が数千倍マシなのは間違いのない事実でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
567位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。