スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼れそうな歴史上の偉人、一番は坂本竜馬

ある民間団体がインターネット上で行った調査によると、困ったときに頼りになるのは友人、親、配偶者、そして、歴史上の偉人では坂本竜馬氏であるとの回答が得られたそうです。

頼れそうな偉人は坂本竜馬=NPO法人が意識調査

12月17日15時1分配信 時事通信
 困ったときに頼るのは、友人に次いで男性は親、女性は配偶者。有名人では作家の瀬戸内寂聴さん、歴史上の人物では坂本竜馬-。NPO法人「広報駆け込み寺」(三隅説夫代表)がこんな調査結果をまとめた。
 「困ったときの駆け込み先」を尋ねたこの調査は、11月にインターネットを通じて実施。全国の成人男女1030人から回答を得た。
 相談相手は男女とも「友人・知人」が50%以上でトップだが、2、3位は男性が「親」(31%)、「配偶者」(28%)、女性は「配偶者」(42%)、「親」(39%)だった。
 現代の有名人から「理想の駆け込み先」を選んでもらうと、トップは瀬戸内寂聴さん(4.6%)で、歌手・俳優の美輪明宏さん、タレントの島田紳助さん(いずれも2.6%)が続いた。
 歴史上の偉人では坂本竜馬(5.2%)が1位、小差の2位は聖徳太子(4.9%)だった。 



まあ、実際に会った事も無いのに「頼る」と言うのも変な話ですが、坂本竜馬さんの強い人気が窺い知れますね。
尤も、その身を挺して我が大日本帝國近代化の礎となられた坂本さんなら、確かに頼りになりそうな気がします。
御恥ずかしながら自分は近代史を除いて小学生レベルの歴史知識しか持ち合わせておりませんので、あくまで明治以降の人物しか詳しく知りませんが、
その中で一人「頼りになる偉人」を挙げるとすれば、大東亜戦争の名将・栗林忠道陸軍大将閣下(最終階級)でしょうか?
硫黄島の戦いでは、部隊を指揮し戦いつつ最後には自らが敵陣に乗り込み米帝軍に最後の打撃を与え壮絶な最期を遂げられました。
敵陣に自ら突撃し戦死された陸軍大将と言うのは、大日本帝國陸軍史上で唯一の存在であります。
敵味方を通して「大東亜戦争最優秀の帝國軍人」として知られており、硫黄島戦時には我が方の三倍以上の兵力を持って攻め込んできた米軍と対等なまでの戦いを繰り広げた功績とその勇名は未来永劫の後世まで伝えられていく事でしょう。
栗林大将閣下のような素晴らしい方が現代日本の政治を指揮して下されば、もう少しまともな国家になるのでしょうがね・・・。
閣下を初めとして我が帝国の為に自らを犠牲にし戦われた御英霊に恥じぬ国を作る事が、我々に残された使命であります。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
589位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。