スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下、支那中共政府要人と会見

先日からテレビや新聞、ネット上などで大きな波紋を呼んでおり「時局論壇」でも何度か記事を取り上げた、民主党による「天皇陛下政治利用会見問題」でありますが、件の会見が昨日(15日)午前、宮城(きゅうじょう)の宮殿「竹の間」に於いて数多くの日本国民の反対を強引に権力が押し切る形で執り行われました。

「お忙しい中、深く感謝」=天皇陛下と会見-習近平中国副主席・皇居

12月15日11時50分配信 時事通信
 天皇陛下は15日午前、皇居・宮殿「竹の間」で、中国の習近平国家副主席と会見された。習副主席は「お忙しい中、わざわざ会見の機会をつくっていただき、深く感謝します」と述べ、今回の会見設定に謝意を示した。
 会見は、日中関係を重視する首相官邸側が宮内庁に要請し特例的に実現。「天皇の政治利用」をめぐり議論が高まる中、午前11時から約25分間行われた。陛下が中国の政府要人と会うのは、2008年5月に国賓として来日した胡錦濤国家主席以来。
 宮内庁によると、会見で天皇陛下は「今回の訪日によって両国間の理解と友好関係が一層増進されることを希望しています。胡錦濤主席はお元気でしょうか」と述べ、習副主席は「元気です」と答えた。中国で大きな被害を出した四川大地震に話が及び、陛下が「大変だったと思います」と話すと、習副主席は「復興は順調に進んでいます。日本の政府と人々の支援に感謝します」と応じた。
 習副主席は今回の会見に「心から感謝申し上げます」と述べ、「陛下によろしく」という胡主席のメッセージを伝えるとともに、即位20年に祝意を示した。陛下は「ありがとう」と話したという。
 習副主席は予定より10分ほど早く宮殿に到着した。玄関では肥塚隆式部副長と笑顔で握手し宮殿に入った。国家元首の場合は陛下が出迎えるのが通例。今回は河村武和式部官長が迎える予定だったが、到着が早まり準備が間に合わなかった。
 習副主席との会見をめぐっては、陛下と外国要人との会見は1カ月前までに申請するとした「1カ月ルール」に反していたため、宮内庁の羽毛田信吾長官が「天皇の政治利用」に対する懸念を表明。小沢一郎民主党幹事長が同長官を厳しく批判する異例の事態となった。 



批判は後でするとして、関連する二つ目の記事を掲載させていただきます。
事実か否かは不明でありますが、本当であったとしたら大変な問題になりうることが判明しています。

特例会見「元首相が要請」=前原国交相が指摘

12月15日19時14分配信 時事通信
 前原誠司国土交通相は15日の記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見が特例的に実現したことについて「元首相から話があったと聞いている」と指摘した上で、「元首相なので、自民党から要請が官邸に届いたのであって、われわれがルールを曲げたわけではないと聞いている」と述べた。
 これに関連し、鳩山由紀夫首相は同日夕、「どなたかからということに関して、申し上げることはしない」と記者団に語った。また、平野博文官房長官も記者会見で「コメントは差し控えたい」と述べた。 


最終更新:12月15日22時53分



なんと、件の会見は自民党による要請によって行われた可能性があるようです。
政府が此処まで明確に「自民党」「元首相」の単語を出しておいて実は嘘だった、などということは幾等民主党であれ流石にありえないでしょうから、単なる責任逃れではなさそうですが。
となると、やはり自民党も所詮は特亜の犬だと正式に発表されたような物ですね。
まあ、そんな事は言われなくとも分かりきっていた訳ですが。
民主党が腐敗しきった肥溜めの様な売国政党であることは言うまでもない事実でありますが、「日本最大の右派政党」を気取っている自民党も実際には民主と対して変わらない売国奴の集まりであると言う事を改めて感じさせられましたね。

兎にも角にも、会見を設定した“売国の元締め”が民主党であろうと自民党であろうとそれ以外の者であろうと関係なく、このような行為は絶対に許されるものでは有りません。
国民は、我が帝国の国体そのものを支那中共に売り渡した一連の行動を絶対に許しません。
天皇陛下を売国政治の道具に使うと言う事は、我々帝国臣民を全員支那に売り渡したも同然であります。
民主党鳩山政権による今回の国辱行為は後世の子々孫々に至るまで語り継いでいってやりましょう。
このような我が帝国の国体そのものを否定するような行為は、今後未来永劫二度と起きて欲しくありませんからね。

くたばれ民主党!!!
くたばれ自民党!!!
くたばれ支那中共!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
612位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。