スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【売国政党民主党】天皇陛下政治利用問題

三つ前の記事でも述べましたが、今回の記事もまたまた民主党批判であります。
先日からお伝えしている天皇陛下と支那中共政府副主席の会見を巡る政治利用問題です。
なお、今回は同じ問題に関するニュース記事が3つほどありますので、原典だけで大分長くなる事をあらかじめ御詫び申し上げます。


先ずは一つ目の記事ですが、宮内庁側が件の会見を陛下の御体調を理由に拒否していた事が判明しました。

11月に「陛下の体調」を理由に拒否 中国副主席の特例会見で政府

12月14日13時22分配信 産経新聞
拡大写真
鳩山由紀夫首相(写真:産経新聞)

 鳩山由紀夫首相が天皇陛下と中国の習近平国家副主席との15日の会見を特例措置として認めさせた問題で、日本政府が11月末時点で中国側に「陛下のご健康がすぐれない。無理だ」として会見は困難との意向を伝えていたことが14日分かった。日中外交筋が明らかにした。これに対し、中国側が民主党をはじめとする関係各方面に巻き返し工作を行った結果、平野博文官房長官が今月7日と10日の2度にわたり宮内庁に会見の設定を指示し、日本政府は11日に会見を行うことを正式発表した。

  [フォト]中国の習近平国家副主席とは?

 習氏は14日夕、鳩山由紀夫首相と会談した後、首相主催歓迎晩餐(ばんさん)会に臨み、15日に天皇陛下と会見する。

 鳩山首相は14日朝、「特例会見」について、「杓子(しやくし)定規に考えるより、本当に大事な方であれば、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになって頂く。それは、日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味がある。判断は間違ってなかった」と述べ、正当性を強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 平野氏も同日午前の記者会見で「政治利用では全くない」と重ねて主張。ただ、平野氏は今月9日に日本政府が再び中国側に会見を拒否していたとの一部報道については、「承知していない」と否定した。

 今回の「特例会見」をめぐっては、渡辺周総務副大臣が13日のテレビ番組で「天皇陛下の政治利用と思われるようなことを要請したのは誠に遺憾だ」と異例といえる首相批判を展開。「今からでもやめていいなら、やめた方がいい。国の大小、経済力、政治力の大きさで優劣をつけることは絶対あってはいけない」とも指摘した。

 同じ番組で、社民党の阿部知子政審会長も「特例でも認めてはならない」と述べたほか、国民新党の亀井亜紀子参院議員は「(政治利用への懸念を示した)羽毛田信吾宮内庁長官の話はもっともだ」との認識を示すなど、与党から批判が相次いでいる。

 一方、自民党の安倍晋三元首相も14日朝、鳩山政権の対応を「国益ではなく自分たちのために今まで守ってきたルールを破った。天皇陛下を政治利用したと断じざるを得ない。今からでも遅くないので、中国側に取り下げてもらうよう要請すべきだ」と批判した。都内で記者団に語った。



つまり、民主党は畏れ多くも天皇陛下の御体調より中共政府との追従関係を重視すると主張しているのでありますね。
仮にも我が国の行政の長たる首相が天皇陛下より中共政府を重視しているとは、許しがたいことであります。


二つ目の記事です。
この会見に対しては、先日の記事にも掲載したとおり宮内庁も非常に危機感を募らせているのであります。
宮内庁長官の羽毛田殿も「天皇陛下の政治利用」を強く批判していますが、それに対して国賊・小沢一郎は「辞表を出せ」などと言う失礼極まりない発言をしました。

小沢氏「辞表出して言え」=宮内庁長官「辞めるつもりはない」-特例会見で応酬

12月14日18時19分配信 時事通信
 民主党の小沢一郎幹事長は14日午後、党本部で記者会見し、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見が特例的に設定されたことをめぐり、羽毛田信吾宮内庁長官が「天皇の政治利用」に懸念を示したことについて、「役人がどうだこうだ言ったそうだが、全く日本国憲法、民主主義を理解していない人間の発言としか思えない。信じられない。どうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ」と厳しく批判した。
 宮内庁は陛下との会見を1カ月前までに申請するようルールを設けているが、小沢氏は「宮内庁の役人が作ったから金科玉条で絶対だなんて、そんなばかな話あるか」と批判。「陛下の体調が優れないならば、優位性の低い行事をお休みになればいい」とし、「陛下ご自身に聞いてみたら、(習副主席と)会いましょうとおっしゃると思う」と語った。
 これに対し、羽毛田氏は同日夜、「私は辞めるつもりはありません」と表明。「ルールに特例を設けることは、国の大小や相手国の政治的重要性を超えてお務めをしてこられた陛下の国際親善の在り方をないがしろにし、非常に懸念の生じること」と指摘した。さらに、「陛下のなさりようを守るのは私の立場。そこに懸念が生じた時に物を言うのは当然のこと」と語った。
 一方、小沢氏は会見実現に小沢氏の関与を指摘する声が出ていることに対し、「私がお会いさせるべきとかさせるべきでないとか言った事実はない」と強調。「天皇の政治利用」との批判については、「(天皇の国事行為は)国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるものだ。(政治利用と言われれば)国事行為は全部政治利用になっちゃう」と述べた。 




>「天皇の政治利用」との批判については、「(天皇の国事行為は)国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるものだ。
>(政治利用と言われれば)国事行為は全部政治利用になっちゃう」と述べた。 
此処まで見当違いなことを言っていると、小沢は本物のキチガイか確信犯のどちらかだとしか言いようがありません。
国事行為自体は憲法でも定められた事ですが、それを一政党が政治的に利用するのを「政治利用」であると批判しているのであります。

>「陛下のなさりようを守るのは私の立場。そこに懸念が生じた時に物を言うのは当然のこと」と語った。
陛下は貴様の様な売国奴に守って貰いたくなどないでしょうね。
それに、そもそも小沢は本来なら政府の要人ではなく一議員でしょう。
議員に過ぎぬ小沢が「陛下を守る立場」であるのならば、一民間人に過ぎぬ自分だって「陛下を守る立場」を自称させていただきますよw

>「陛下ご自身に聞いてみたら、(習副主席と)会いましょうとおっしゃると思う」と語った。
馬鹿なことを言うな!!!!!
陛下御自身が本気でそんな事を御考えでいらっしゃる訳がないでしょう!
第一、畏れ多くも陛下は御自身の御意見を自由に仰られる御立場にはいらっしゃらない事を理解しなさい!
御召し上がりになられた食べ物の御感想すら正直に仰る事の出来ぬ立場にあらせられる天皇陛下が仕事を拒否できる訳がありません。
文句言わず会見をしながらも御心中では決して良く思われているわけがないでしょう!

他人に「全く日本国憲法、民主主義を理解していない人間」などと言っている貴様が一番日本国憲法下の我が帝国の国体や皇室のあり方を全く理解していないではないか!

もう民主党には絶望しました。


さて、次で最後の記事となります。
此れほどまでに問題だらけの天皇陛下政治利用会見問題でありますが、国賊鳩山はそれでも自身の行動が間違っていないなどと述べているようです。

「間違ってない」と鳩山首相 陛下と中国副主席の会見問題に

 鳩山由紀夫首相は14日朝、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見を特例措置として指示したことに政府内からも批判が出ていることについて、「日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味がある。私は判断は間違ってなかった」と述べ、正当性を強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

  [フォト]14日来日する習近平国家副主席

 首相は「本当に大事な方であれば、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになっていただく」と述べた。



はっきり言って、彼奴の判断は間違いだらけであります。
間違っていないと思っているのは自身を含めた反日主義者だけなのですよ?

何が「日中関係をさらに未来的に発展させるため」でありますか?
貴様が言うところの「未来的に発展した日中関係」とは、我が帝国が中共政府の支配下に入ると言う意味なのでしょうが、そのようなことを国民が許すわけがないでしょう。
一般国民からの報復を覚悟しておけ!


さて、今回の更新では民主党による天皇陛下の政治利用問題を3つのニュース記事を元にお伝えしましたが、民主党と言う政党がどれだけ腐っているか良く御分かり頂けた事と存じます。
自公政権も腐敗していましたが、民主政権の腐敗はそれを軽く上回ります。
あのような売国対中傀儡政権など、武力をもってしてでも破壊してやりましょう!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
500位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。