スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝國海軍戦艦「大和」の慰霊塔、修復へ

我が大日本帝國が世界に誇る連合艦隊旗艦たる戦艦「大和」を初めとした、大日本帝國海軍第二艦隊の戦死者を弔う為に鹿児島県に建立された慰霊塔が風雨に曝され崩壊の危機に立たされています。
その慰霊塔の崩壊を防ぎ大東亜戦争という偉大な歴史を後世に伝える為に、地元自治体を中心として慰霊塔の修復作業が行われるそうです。

崩壊危機、「戦艦大和」の慰霊塔を修復へ…徳之島

12月13日20時31分配信 読売新聞
拡大写真
修復に向けた調査が行われた徳之島・犬田布岬の慰霊塔

 1945年4月7日に撃沈された戦艦大和をはじめとする旧日本海軍第2艦隊の戦没者を弔うため、鹿児島県・徳之島の犬田布(いぬたぶ)岬に立つ慰霊塔が風雨と塩害にさらされて崩壊の危機にあり、地元の伊仙町が修復することになった。

 高さ24メートルの慰霊塔は建立から41年を経てコンクリート片が剥落(はくらく)しており、遺族らから修復を望む声が上がっていた。町は募金活動で全国から寄せられた約1600万円を使う。

 「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」は、国会議員らの呼びかけによる全国からの募金で68年5月に完成した。実際の沈没地点は徳之島よりも同県枕崎市の坊岬(ぼうのみさき)の方が近く、同市にも慰霊碑がある。ただ元乗組員の吉田満著「戦艦大和ノ最期」に徳之島沖で沈んだとの記述があり、沈没地点は戦後長らく徳之島沖とされてきた。

 慰霊塔は、文化勲章を受章した鹿児島市の彫刻家中村晋也さん(83)の作品で、コンクリート製の巨大な塔は大和の艦橋から喫水線までを表している。

 その80メートル先の岩場には、炎に包まれ海に散った兵士の姿をイメージした「海炎の像」がある。塔と像は、大和の艦橋と艦首になぞらえており、大和の姿をほうふつとさせる作品になっている。

 慰霊塔は塩害や風化が激しく、10年ほど前からコンクリート片が頭上からはがれ落ちてきたり、周囲のコンクリート柱が崩れたりして近づけない状態になっている。放置すれば崩落の可能性もあるという。町は2006年7月から募金を呼びかけ、元特攻隊員らの団体や遺族会にも協力を求めた。今年4月には東京で寄付を募るコンサートを開催した。

 その結果、これまでに約1600万円が集まった。大半は一口数千円だが、200万円の寄付も2件あった。町は解体、再建を検討したが、中村さんが思いを込めた作品を残したい、と今の姿のまま修復することにした。

 町は、修復に向けた調査を実施。来年1月から約2か月間の予定で、ひび割れや穴には樹脂を注入するなどしたうえで全体をアクリルコーティングし、さらなる劣化を防ぐ。町は例年、4月7日に慰霊祭を開いており、修復作業は来年の慰霊祭に間に合わせる。

 「当時は『英霊がここからずぶぬれで帰ってくるのではないだろうか』と考えながら設計した。町の人が大切にしてくれて本当にうれしい」と中村さん。父が、大和と共に沈没した軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」の乗組員だった横浜市泉区の西岡登志美さん(66)も「これで安心して父たちの慰霊を続けられる」と感謝した。

 伊仙町の大久保明町長(55)は「次世代に二度と戦争はしてはならないと伝えるためのシンボルとして守っていきたい。戦後65年となる来年の慰霊祭は盛大に行いたい」と話している。(森太)


最終更新:12月13日20時31分




大東亜戦争を初めとする我ら日本民族の栄光の歴史をこうして後世の子々孫々にまで継承していく取り組みは、非常に有意義な事であると存じます。
その取り組みの内の一つである慰霊塔の修復を国民を代表し行って下さる関係者諸氏には、心より感謝申し上げます。

伊仙町長の大久保殿が仰っている通り、戦争など出来る事であれば二度と起こらぬ事が理想なのであります。
来年であの戦争が終わり65年が経ちます。
二度とあのような惨劇を繰り返さぬ為にも、軍事・外交の両面から欧米列強、そして、東亜の反日諸国(支那朝鮮)に負けることのない、戦前同様の強き大日本帝國を再建せねばなりません。
先の大戦で国家に殉ぜられた御英霊は、澄んだ大空からどのような目で現代の日本を眺めていらっしゃるのでしょうか?
―――「俺達が我が身を犠牲にしてまで守りたかったのはこんな国ではない!!!
などと言われてしまうような事にならぬ為、英霊の想いに応える為、以前の様な列強の注文をはっきりと跳ね返せる強い国家を作ろうではありませんか!
大日本帝國万歳!!!
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1002位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
436位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。