スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーリットル空襲被害者ら、空襲啓発演奏会を開催

大東亜戦争初期に、緒戦の勝利に沸く帝都東京を、米陸軍のノースアメリカンB-25「ミッチェル」中型爆撃機16機が空襲した所謂「ドーリットル空襲」の被害者らが、「空襲を忘れないコンサート」を開催します。

日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京・荒川の住民

4月17日11時0分配信 毎日新聞

 太平洋戦争初期の1942年4月18日に、米軍による初めての日本本土空襲(ドゥーリトル空襲)を受けた東京都荒川区の尾久地区の住民が、初空襲の事実を語り継ぐ活動に取り組んでいる。被災者や目撃者を探すなど検証を進め、18日に区内の首都大学東京荒川キャンパスで「尾久初空襲を忘れないコンサート」を開く。当時の報道管制の中で伏せられた「戦争の真実」を掘り起こし若い世代に伝えていきたいという。【山田奈緒】

【写真で振り返る】東京大空襲 1945

 ◇18日にコンサート

 尾久地区では空襲で約10人が死亡、数十人が負傷したとされる。だが、当時の新聞では「九機を撃墜撃退す」などと短く報じられただけで、軍部が空襲被害の事実を隠そうとしていたことがうかがえる。今でも被害の実態はよく知られていない。

 コンサート実行委員会委員長の田村正彦さん(74)は戦前から尾久地区に住み、初空襲に遭った。当時小学1年生で、爆風で自宅の床板がはがれて飛び、家全体が傾いてしまったことを覚えている。

 「初空襲が忘れ去られないように」と08年末ごろ、近所の人たちと一緒に当時を知る住民からの聞き取りなどを始めた。体験者は既に亡くなっている場合が多く、実態調査は難航した。「東京大空襲は覚えているが、初空襲は覚えていない」「『爆弾が落ちた跡地を見に行くな』と親に言われた」との証言も。

 「米軍に初めて攻撃されたことは、当時は不名誉とされていた。地域のタブーのようで、これまで語り継がれる機会は少なかった」と田村さん。それでも地道に聞き取りを進めるうちに、少しずつ証言が集まった。尾久地区から約2キロに自宅があった住民からは「米軍の爆撃機から、バラバラと爆弾が尾久の方に落ちていくのを見た」という生々しい目撃証言も得られた。

 田村さんは「地元の力で空襲の事実と平和の尊さを語り継ごうという思いは徐々に広がった。身近な歴史を見つめ直すことで、広く平和を考えるようになってほしい」と話す。

 18日のコンサートでは田村さんらが戦争体験を語るほか、地元中学校の吹奏楽部が演奏する。午後1時半から。入場無料。問い合わせは田村さん方(03・3810・0800)まで。

 ◇ドゥーリトル空襲◇

 1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けた米軍が、反撃として日本本土を初爆撃した空襲。指揮官はドゥーリトル中佐。42年4月18日、空母から飛び立ったB25爆撃機16機が東京、川崎、名古屋、神戸などを襲った。米軍による日本本土への爆撃に道を開いたとされる。



記事中にも記されている事ですが、「ドーリットル空襲」とは、緒戦に於いて連戦連勝を重ねる我が大日本帝國軍を嫉んだアメ公どもが報復として帝国本土を空襲した事件です。
「ドーリットル」とは本土爆撃隊の指揮官である米陸軍中佐「ジミー・ドーリットル」の事であり、陸軍の中爆(中型爆撃機=我が大日本帝国海軍の「陸上攻撃機」に相当)であるB-25「ミッチェル」を「ホーネット」「エンタープライズ」などの米海軍空母から発艦させるという驚くべき手段を以って敢行されました。
「非戦闘員の無差別殺戮」は言うまでもなく国際法に反した行為であり、米帝の悪質な戦争犯罪の一つに数えられている本土無差別空襲の先駆けとなった出来事でもあります。(有名なB-29「スーパーフォートレス」重爆撃機による本土空襲は原則として昭和十九年のサイパン陥落以降の出来事ですが(九州の一部を除く)、この「ドーリットル空襲」はそれより二年以上早い昭和十七年の出来事です。)

野蛮な米帝の戦争犯罪を後世まで語り継ぐ為に活動されている田村殿他関係者の皆さんには、(少なくとも今回の活動に限っては)敬意を表します。
非戦闘員である一般の帝国臣民を無差別殺戮した恐るべき米帝国の戦争犯罪を絶対に忘れてはなりません。
そして、その米帝から皇国の国体と帝国臣民の生命を護る為に散華された靖国神社に眠る数多の御英霊のことも、絶対に忘れてはならないのであります。
スポンサーサイト

枝野行政刷新相「支那朝鮮の植民地化は歴史の必然」

枝野幸男行政刷新相が松江市で行った講演に於いて、「日本が支那や朝鮮を植民地化したのは歴史の必然」との趣旨の発言をしました。

「中国や朝鮮半島の植民地化、歴史の必然」講演で枝野氏

2010年3月27日22時37分

 枝野幸男行政刷新相は27日、松江市で講演し、「日本は明治維新ができ、近代化したが、中国や朝鮮半島は近代化できなかった。日本は植民地を広げる側で、中国や朝鮮半島は植民地として侵略される側になったというのは、歴史的な必然だった」と述べた。植民地支配を正当化したとも受け取られかねない発言だ。

 枝野氏は政権交代を契機に「新しい政治をつくらないと大変になる」と述べ、明治維新を引き合いに出した。

 その中で、「ペリーが来て『国を開け。日本が油断したら植民地にするぞ』と。日本は明治維新が早くできたからその後の100年くらいの中で一定の優位性を保つことができた。同じ環境に中国や朝鮮半島もあった。日本の明治維新をみながら近代化しようと頑張った若い方がいたが、結局進まなかった」と述べ、「日本が明治維新できていなければ日本も中国や朝鮮半島と同じように、欧米列強の植民地や半植民地にされていただろう」とした。

 枝野氏は講演後、朝日新聞の取材に「日本が植民地支配する側に回ったのはおかしいと思っている。誤解を招く発言で率直におわびする」と語った。



枝野幸男氏は、民主党には数少ない真っ当な歴史認識を持たれた政治家ですね。
筆者も、彼と同じ考えであります。
我が大日本帝国の支那朝鮮に対する侵出は、当時の国際情勢などから考えても全く不自然な事ではなく、国際法的にも完全に合法の行為です。
結果として支那や朝鮮の為にもなっているのですから、決して野蛮な侵略などではないのであります。
若し我が大日本帝國が存在しなかったら、現在の支那朝鮮(北朝鮮は除く)の発展も絶対に有り得なかったでしょう。
現在の先進国に次ぐ勢いで発展した支那や韓国があるのは、全て我々日本人の御陰なのであります。
全ての支那人及び朝鮮人は、我々に感謝せねばなりません。


それにしても、この記事で何より問題が有るのはこの一文ですね。

> 枝野氏は講演後、朝日新聞の取材に「日本が植民地支配する側に回ったのはおかしいと思っている。
>誤解を招く発言で率直におわびする」と語った。

何故正しい事を言っている枝野氏が謝罪する必要があるのでありますか?
朝日新聞などと言う売国奴の集まりに、正常な歴史認識を持たれた枝野氏が謝罪をする道理は有りません。
寧ろ、謝罪すべきは朝日新聞です。
歴史捏造主義者の非国民どもと協力し誇り高き皇国の国史を穢した売国奴・朝日新聞は、天皇陛下と御英霊、そして、全ての大日本帝國臣民に謝罪せねばならないのであります。

「もう一度読む歴史教科書」人気好調

高校生向けの歴史教科書を再編集して市販している大人向けの歴史書である「もう一度読む山川歴史教科書」シリーズが人気を博しているそうです。

もう一度読む「山川歴史教科書」 「歴女」や若手ビジネスマンに人気

2月14日10時12分配信 J-CASTニュース
 高校生の教科書を再編集した大人向け歴史書が異例のヒットとなっている。歴史ブームの中、歴史に興味がある女性「歴女」や若手のビジネスマンが購入していくようだ。

 話題になっているのは歴史書の老舗・山川出版が2009年8月30日に売り出した書籍「もう一度読む山川世界史」と「もう一度読む山川日本史」だ。二冊は、2004年まで実際に高校で使用された教科書「日本の歴史」「世界の歴史」をベースに、一般読者向けに再編集したものだ。

■部数8万部に編集部は「驚いています」

 なぜ、今、歴史教科書なのか――。編集部によると、これまでは通史をコンパクトにまとめた書籍がほとんどなかったと言う。通史のほとんどは大型の書籍だからだ。そんな中で、山川出版は強みである歴史教科書を一般読者向けの書籍として発行したいと常々、考えていたそうだ。

 その上、ベースにした教科書「日本の歴史」「世界の歴史」は解説の質がとりわけ高く、一般の人にも十分に読み応えがあったため、発行に踏み切ることになった。再編集の過程では配列を考えながら、新たに注や解説をつけ加えた。今では教科書のほとんどがカラーなのに対し、二冊は巻頭のカラーページを除いてあえてモノクロにした。一般的な教科書とはまた少し違う、書籍として読み通せる工夫を凝らしている。

 初版各7000部だったのが今では、いずれも9刷約8万部程度にまで部数を伸ばした。編集部は「売れ行きには驚いています。しかも、普通は世界史よりも日本史の方が人気があるのに、二冊は部数が同程度で推移しています。珍しい動きです」と話す。ちなみに、ネット通販「amazon」のベストセラーランキング「歴史・地理」のカテゴリーでは2010年2月13日現在、2位に「日本史」が3位に「世界史」がランクしている。

■「ニュースの背景がわかる社会人のための教科書」

 では、どんな人が購入しているのだろうか。紀伊國屋書店の調べによると、「日本史」では、男性と女性の割合は51.3%:48.7%とほぼ同数だ。年代別に見ると、30~49歳が47.4%、19~29歳が27.5%、50歳以上が23.4%という結果に。一方、「世界史」の男女比は54.4%:45.6%。年代別では30~39歳が47.0%、19~29歳が27.4%、50歳以上が23.4%ということがわかった。

 紀伊國屋書店の担当者は「『日本史』購入者の中でも19~29歳を見ると、女性は13.8%に男性13.2%でした。それ以外の年代では女性よりも男性の方が多い。したがって、日本史好きの若い女性『歴女』が購入しているとも言えそうです」と分析する。

 一方、前出の山川出版編集部も「書店での反響を聞きますと、40代~50代の中高年が懐かしいと購入していくのと、若いビジネスマンや20~30代の女性にも裾野は広がっていると聞いています」と言う。若手ビジネスマンを取り込めたのは、本の腰巻きに入れたキャッチコピー「ニュースの背景がわかる社会人のための教科書」が目を引いたせいかもしれない。

  「試験のために勉強した歴史が社会経験を積むことで、また理解度が違うと思います。そして今の教科書は昔と随分、違うと感じるかもしれません。たとえば、今はイスラム圏の歴史が充実しているのが特色です。教科書を読み直すことで新たな発見があると思います。教科書は最先端の研究者が執筆し、かつよく整理、精査された贅沢な書籍。ものごとの背景を知るのに上手にいかしていただければと思います」



国家を支えるのは国民の愛国心であり、国民の愛国心を支えるのは誇るべき自国の歴史であります。
自国の歴史を誇らしく感じれば感じるほど愛国心は強まっていくのであります。
即ち、国民が自国の歴史に興味を持つことは間違いなく国家にとって有益な事なのであります。
このような書籍の発刊で今まで歴史に微塵も興味が無かった方々が日本史の知識を深めて頂く事は、大変素晴らしい事でしょう。
同書に限らず、今は全く歴史に興味を御持ちでない方が何らかの切っ掛けを通して関心を抱いて頂ける様な機会が増えると良いですね。

但し、愛国心を向上させる為に肝心なのは「“誇りある”歴史」を学ぶ事なのであります。
現在の学校教育の過程で教えられている様な、「東京裁判史観」に代表される自虐的な歴史を覚えたところで愛国心など育つはずがありません。
寧ろ、自虐史観を知れば知るほど愛国心が減退して行ってしまうのであります。
その様な歴史など学ばぬ方が良いのであります。
愛国心を大きくする為には、自国を誇りに思えるような歴史を学ばねばなりません。
「誇り無き歴史」が存在する意味など無いのであります。

今回の記事で採り上げた「山川歴史教科書」が「誇りある歴史」なのか「誇り無き歴史」なのかは、同書を未読の自分には分かりかねます。
折角人気が出ているのですから、有意義な内容ならば良いのですが。
若し後者ならば、このような本など絶対に読むべきではありません。
願わくば、同書が前者である事を。

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

銅鏡が出土 卑弥呼が直接授与した物か

奈良県の桜井茶臼山古墳から、邪馬台国に関係のある銅鏡が大量に出土しました。

銅鏡出土 卑弥呼から直接授与か 被葬者「倭王か副総理格」

1月8日7時56分配信 産経新聞

 大量の鏡が出土した桜井茶臼山古墳(奈良県桜井市)。出土品には中国の年号「正始元年」(240年)と刻まれた鏡と同じ鋳型製の鏡片も含まれていた。同年は邪馬台国の女王・卑弥呼が中国皇帝から金印や鏡を受け取ったとされる倭国の“メモリアルイヤー”。被葬者が卑弥呼から直接譲り受けた可能性もあるという。

  [フォト]発見された三角縁正始元年陳是作同向式神獣鏡の一部

 「正始元年鏡は卑弥呼が中国から授与された可能性が極めて高い」と指摘するのは、福永伸哉・大阪大大学院教授(考古学)。桜井茶臼山古墳を280年代築造とし、「被葬者が正始元年当時に20代で、60~70歳で亡くなったとすれば、生前に卑弥呼から鏡を直接もらったとも考えられる。邪馬台国と大和政権を結びつける重要な史料」と話す。

 魏志倭人伝は「中国皇帝が『大刀や銅鏡などを汝(なんじ)(=卑弥呼)の国中の人に示せ』と伝えた」と記す。卑弥呼は、皇帝の権威を帯びた鏡を地方勢力に配布して求心力を高めたという。福永教授は「被葬者は、倭王か現在の副総理格の人物だったのでは」と推測する。

 卑弥呼が活躍したころの中国は「三国志」で知られる魏、呉、蜀(しょく)が台頭。卑弥呼が魏に送った使者が日本に戻ったのが正始元年だった。

 近藤喬一・山口大名誉教授(考古学)は「卑弥呼は、いち早く朝貢して恭順の意を示し、中国の後ろ盾で権力の安定を図ろうとした。卓越した外交能力の持ち主だった」と指摘。「年号は国家の独立や正統性を示すもので、魏の年号の刻まれた鏡を持つ被葬者は、歴代の王の一人」と話す。

 一方、卑弥呼の鏡説に否定的な菅谷文則・橿原考古学研究所長は「魏では年号の入った鏡はほとんど見つかっておらず、正始元年鏡は日本で作られた」と反論する。ただ大量の鏡の副葬については「まさに大王墓」と話した。

 また、鏡は指先大ほどの細片として発見された。貴重だったはずの鏡をめぐる“バラバラの怪”に専門家の意見も分かれる。

 樋口隆康・京都大名誉教授(考古学)は「いくら盗掘で荒らされても、これほど粉々に壊されるはずがない。最初から破片を納めたのでは」と指摘。一方、橿原考古学研究所では「石室には当初、鏡がびっしりと置かれていたはず。盗掘者が足を踏み入れた途端に踏みつぶした可能性は十分ある」と話した。

【用語解説】桜井茶臼山古墳

 奈良盆地東南部にある古墳時代前期の前方後円墳。陵墓には指定されていない。近くには邪馬台国(やまたいこく)の有力候補地・纒向(まきむく)遺跡が広がっている。竪穴式石室には重さ200キロ以上の水銀朱が塗られ、木棺が納められていた。



まだまだ謎が多い古代史。
しかし、その古代日本の歴史の全貌が解明される日も近いのでしょうか?

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

頼れそうな歴史上の偉人、一番は坂本竜馬

ある民間団体がインターネット上で行った調査によると、困ったときに頼りになるのは友人、親、配偶者、そして、歴史上の偉人では坂本竜馬氏であるとの回答が得られたそうです。

頼れそうな偉人は坂本竜馬=NPO法人が意識調査

12月17日15時1分配信 時事通信
 困ったときに頼るのは、友人に次いで男性は親、女性は配偶者。有名人では作家の瀬戸内寂聴さん、歴史上の人物では坂本竜馬-。NPO法人「広報駆け込み寺」(三隅説夫代表)がこんな調査結果をまとめた。
 「困ったときの駆け込み先」を尋ねたこの調査は、11月にインターネットを通じて実施。全国の成人男女1030人から回答を得た。
 相談相手は男女とも「友人・知人」が50%以上でトップだが、2、3位は男性が「親」(31%)、「配偶者」(28%)、女性は「配偶者」(42%)、「親」(39%)だった。
 現代の有名人から「理想の駆け込み先」を選んでもらうと、トップは瀬戸内寂聴さん(4.6%)で、歌手・俳優の美輪明宏さん、タレントの島田紳助さん(いずれも2.6%)が続いた。
 歴史上の偉人では坂本竜馬(5.2%)が1位、小差の2位は聖徳太子(4.9%)だった。 



まあ、実際に会った事も無いのに「頼る」と言うのも変な話ですが、坂本竜馬さんの強い人気が窺い知れますね。
尤も、その身を挺して我が大日本帝國近代化の礎となられた坂本さんなら、確かに頼りになりそうな気がします。
御恥ずかしながら自分は近代史を除いて小学生レベルの歴史知識しか持ち合わせておりませんので、あくまで明治以降の人物しか詳しく知りませんが、
その中で一人「頼りになる偉人」を挙げるとすれば、大東亜戦争の名将・栗林忠道陸軍大将閣下(最終階級)でしょうか?
硫黄島の戦いでは、部隊を指揮し戦いつつ最後には自らが敵陣に乗り込み米帝軍に最後の打撃を与え壮絶な最期を遂げられました。
敵陣に自ら突撃し戦死された陸軍大将と言うのは、大日本帝國陸軍史上で唯一の存在であります。
敵味方を通して「大東亜戦争最優秀の帝國軍人」として知られており、硫黄島戦時には我が方の三倍以上の兵力を持って攻め込んできた米軍と対等なまでの戦いを繰り広げた功績とその勇名は未来永劫の後世まで伝えられていく事でしょう。
栗林大将閣下のような素晴らしい方が現代日本の政治を指揮して下されば、もう少しまともな国家になるのでしょうがね・・・。
閣下を初めとして我が帝国の為に自らを犠牲にし戦われた御英霊に恥じぬ国を作る事が、我々に残された使命であります。

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
500位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。