スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【愛国義勇軍広報】「将兵集会所」を創設致しました。

「時局論壇」を御精読頂いております読者の皆様、日頃より愛国義勇軍の活動への御支援御協力を賜りまして、誠に有難う御座います。
さて、我が軍に於きましては、先日、構成員間の情報共有や交流、情報戦略の強化などを目的としたSNS「将兵集会所」を創設致しました。
SNS内の各種機能を用いて、上述の目的を達成する事が狙いであります。
また、今後は、愛国義勇軍の各種情報作戦行動の中核としても利用を行う予定であります。
既に我が軍へ御入営頂いている将兵の皆様は勿論の事、当「時局論壇」読者の皆様を初めとした外部の方々にも、本SNSに新規アカウント登録を行うことにより、簡単に愛国義勇軍へ御入営頂く事が出来ます。
情報工作作戦を行うにも、各種情報の共有を行うにも、一人でも多くの方々の御協力が必要不可欠であります。
なお、我が軍では、本SNSの開設に伴い、八月末までの期間中に百名の新たな戦友を御迎えすることを計画しております。
この計画を達成する為に、今次参院選に向けた情報工作である「宣1号作戦」と同時に発令され、当面の期間を7月11日(参院選当日)までと定めていた「躍号作戦」の期間を八月末まで延長致します。
前述の通り、情報戦略及び軍全体の戦闘力の強化には、一人でも多くの方の御協力が必要であります。
我々大日本国民愛国義勇軍は、大日本帝國の国体と日本民族の矜持を護る為に共に戦う戦友を募集致します。


「将兵集会所」のURLは、以下の通りであります。
http://sns.prtls.jp/jnpvamp/home.html
より多くの皆様の御登録を、心より御願い申し上げます。





◎前回の記事に於いて「通常頻度での更新の再開」を申し上げましたが、「将兵集会所」の発足により、其方の初期作業が一段落するまでは再び「時局論壇」を休載致します。
いつも御読み頂いている読者の皆様には、心より謝罪申し上げます。
「将兵集会所」発足に伴う諸作業が一段落致した折には、再び連載を再開致しますので、今後とも愛国義勇軍と「時局論壇」を宜しく御願い申し上げます。
スポンサーサイト

【広告】「躍号作戦」始動 新兵員を短期集中募集します

◎愛国義勇軍より、「時局論壇」を御覧の皆様へお知らせです。◎

(長い前文を読むのが苦痛の方は、前文を飛ばし、以下の「「躍号作戦」作戦要綱」から御読み下さい。)

(前文)
我が大日本帝國に於いて、本年七月の任期満了に伴い参議院選挙(第22回参議院議員通常選挙)が行われることは、皆様御周知の事と存じます。
この今次参院選では、政権維持を確かな物にしようと企む民主党が、単独過半数を目指している事は明白であります。
民主党が単独過半数を獲得した暁には、言うまでも無く、日本政界に対する民主党の影響力が此れまで以上に絶対的な物になります。
売国政権の暴走が益々激しくなるほか、彼の悪名高き「外国人参政権法案」などの売国法案成立に歯止めを掛けてきた連立与党・国民新党の影響力も相対的に低下します。
筆者は決して国民新党の支持者ではありませんが、前述の売国法案阻止活動に代表されるとおり、民主党に比べればまともな政治を執り行ってきた政党であることは確かでしょう。
また、国民新党以外にも特定の支持政党を一切持たず、「現在国会に議席を持つ全ての政党は売国政党である」事を強く主張している筆者ではありますが、少なくとも民主党が、政治思想や勢力などを総合的に判断した上で、他党と比較しても非常に危険な組織であると存じております。
思想的には民主党より何倍も危険な政党が公明党を初めとして存在していますが、現状で単独与党になりかねない可能性を持っている政党は自民党と民主党のみであります。
そして、この二つの売国政党を比べ、どちらがより売国的・反日的な政党かを考察した結果、後者がより危険であるとの判断に至りました。
つまり、筆者は特定の政党を支持する心算は毛頭ありませんが、少なくとも民主党の単独過半数だけは絶対に阻止せねばならないのであります。

と言うことで、筆者は、今次参院選に於ける民主党議席の減少削減に出来得る限り最大限の力を尽くし取り組む所存を決意致しました。
しかし、具体的な政治活動を、仮想空間であるこのインターネット上のみ、しかも一人きりで行っている筆者に出来る事はそう多くありません。
残念ながら、筆者の力で民主党の議席を一議席でも減らす事は不可能であります。
そもそも、筆者に限らず、政治に対して民間人一人が出来ることなど皆無でしょう。
しかし、民主主義国家である大日本帝國に於いては、数の力が物を言います。
一つの目標に向けて、一人でも多くの同志を集める事が出来れば、其の政治力は倍増します。
そこで、我が愛国義勇軍は、今次参院選に於ける“民主党落とし”の為の工作(広報)活動を共に行う戦友を短期集中的に募集致します。


◎「躍号作戦」作戦要綱◎

それでは、本「躍号作戦(やくごうさくせん)」の作戦要綱を説明致します。
本作戦の主旨は、前述同様、今回の“民主党落とし”工作(広報)活動を行うにあたって共に作戦を行って頂く“戦友”(工作員)を短期集中的に募集する事であります。
なお、件の「民主党落とし」作戦自体には、「宣伝」や「宣撫」、「街宣」等の単語から「宣」の字を取り、「宣1号作戦」の名称を付与します。
宣1号作戦は、我が「愛国義勇軍」が発足して以来数ヶ月、ネット上限定とは言え、初めて組織として行う具体的な活動となります。
しかし、そもそも現在の愛国義勇軍には、組織立った行動をするだけの勢力はありません。
そこで、宣1号作戦実行の下地を作るための作戦が、この「躍号作戦」であります。
作戦期間を本日から参院選当日までと定め、短期集中的に宣1号作戦に従事して頂く工作員の方を募集致します。
作戦遂行に当たっては、「第一情報作戦隊」を組織し、御志願頂いた方全員に其方へ所属して頂きます。
主な対象者は御自分のウェブサイトやブログ等を御持ちの方や、現実世界で何らかの政治活動を行われている方ですが、それ以外にも、(ネット上・実社会問わず)少しでも宣1号作戦の趣旨に沿った広報活動をして頂ける方なら、全ての方に御志願の資格があります。
なお、言うまでも無い事ではありますが、御志願・所属・作戦参加にあたって金品を頂く事は一切ありません。
また、あくまで、ネット上を基本とした活動でありますので、実社会で顔をあわせることも一切御座いません。
一度所属して頂いた場合も、活動に嫌気がさせば何時でも脱退していただく事が可能であり、また、所属しているからと言って何らかの活動を強要する事もありません。
少なくとも、本作戦への志願によって発生する損害・デメリットは一切存在し得ない事を明言致します。

本作戦に僅かでも御興味を抱いて頂いた方は、是非とも本記事のコメント欄若しくはメール(jnpva1208@yahoo.co.jp)で当方まで御問い合わせ下さい。
御質問等には全て真摯に対応致します。

我々の活動がどの程度の影響をもたらす事が出来るかは未知数です。
少なからぬ好結果を残すことが出来るかも知れませんし、何の意味も無く惨敗に終わってしまうかも知れません。
しかし、結果は変わらずとも、後になって「何かして置けば良かった」と後悔するよりは、せめて「自分に出来る事は全てした」と思える終わり方を出来る方が良いに決まっています。
今出来る限りの事をしなければ、必ず後々まで悔いが残ります。
不完全燃焼のまま参院選の結果を聞き後悔したい方はいらっしゃらないでしょう。
何もしないまま指をくわえて選挙報道を聞くよりは、僅かな事でも何か活動をするべきです。
筆者は、この宣1号作戦が、皆様が後悔せずに済む為の一つの手段であると自負しております。
一部の国民の強い意識が、政治を動かす事だってあるのであります。
そもそも、民主主義とは国民の意思によって政治が動く制度なのですから。
憂国の志を持つ戦友を一人でも多く集め、政治を動かしてやる気概を持ちましょう。
民主党政権に危機感を持つ皆さん、皇国の国体を護りたいと御考えの皆さん、自分達の国を外人には渡したくない皆さん、是非とも宣1号作戦への御参加を宜しく御願い申し上げます。
作戦要綱にさえ御賛同頂ける方であれば、後は何も問いません。
皆さんの御参加を心より歓迎致します。
皇国の為、天皇陛下の為、日本民族繁栄の為、我々と共に戦いましょう!

【北教組事件】「司法判断を尊重」進退に触れず

北海道教職員組合より違法献金を受けていた民主党の小林千代美が、事件の初公判を受け談話を発表しました。
「司法判断を尊重」と言いつつも、自らの進退問題からは逃げる格好です。

進退には触れず=「司法判断を尊重」―民主・小林議員

5月19日17時22分配信 時事通信
 民主党の小林千代美衆院議員は19日午後、自らの陣営幹部らが起訴された北海道教職員組合の違法献金事件の初公判を受け、「司法の判断はまだ下されていないので、議員の身分については今の時点で申し上げるべきではない。今後の司法の判断を尊重したい」との談話を発表した。
 談話で小林氏は、事件について「社会的・道義的責任を重く受け止めている」とし、「国民に多大なご心配、ご迷惑をお掛けし、政治に対する不信感を生じさせてしまったことを改めて心から深くおわびする」と謝罪した。 



本当に「責任を重く受け止めて」いるのであれば、辞職するのは当然の事であります。

【電波の押し売り】ヤクザ放送局NHK、“受信料”強制徴収

悪質な電波の押し売りを続ける「ヤクザ放送局」こと日本放送教会(NHK)が、“受信料”とやらの強制的な徴収を決行しました。
まるで北朝鮮の様な国家権力の乱用には、批判が集中しています。

<NHK>受信料滞納で初の強制執行へ 

5月15日8時52分配信 毎日新聞
 NHKは14日、受信契約を結びながら法的督促に応じない8都府県の8人に対し、強制執行の手続きに入るための予告通知を郵送したと発表した。21日までに支払いがない場合24日以降、各地の地方裁判所に対し、受信料回収の強制執行手続きの申し立てを行う。実現すれば、受信料を巡りNHKが強制執行に踏み切るのは初めてとなる。

 8人は東京、千葉、大阪、兵庫、愛知、福島、岡山、高知に居住。滞納期間は54~26カ月間。請求額の合計は利息を含め、約70万3900円という。

 NHKは07年以降、8人に、訪問や文書などで度重なる督促を行ってきたが「他にも受信料を支払っていない人がおり、不公平」などと主張し、不払いを続けていたという。

 NHKは通告に踏み切った理由について「差し押さえる債権の調査など準備が整い、(今後も)進展が見られないと判断した」と説明している。

 NHKが簡易裁判所に支払い督促の申し立てを行ったのは、06年11月から09年度末までで841件。NHKの主張が確定したが、今回の8人を含む90件が支払いに応じていない。【長沢晴美】



恐ろしい事ですね。
NHKは公式には「国営放送ではない」と説明していますが、事実上国家が運営する放送局に違いは有りません。
ヤクザまがいの事を平気で行う国家権力の乱用が許される道理は決してないでしょう。

以前のNHK関係の記事でも御紹介した物ですが、「“受信料”」などと言う名目でヤクザから金を巻き上げられずに済む方法を紹介している動画を掲載しておきます。



以前にも述べたとおり、この方法を用いればたったの五十円でヤクザから身を護れます。
動画に出てくる妙な道化師を見ているとふざけた動画に見えてしまいますが、信頼性は確かです。
是非御参考になさって下さい。

【拉致問題】北朝鮮で寺越外雄殿の生存確認 死亡取消

昭和三十八年に能登半島沖で北朝鮮の工作員に拉致され行方不明となっていた石川県の寺越外雄殿が、北朝鮮で生存している事が確認されました。
寺越殿は平成六年に死亡が認定されていましたが、今回の生存確認により、大日本帝国海上保安庁が死亡認定の取り消しを発表しました。

北朝鮮で生存確認、「寺越さん死亡」を取り消し 海保

5月13日13時50分配信 産経新聞

 昭和38年に能登半島沖の日本海で出漁中に行方不明になった後、北朝鮮にいることが判明、平成6年に死亡したとされる寺越外雄(そとお)さん=石川県出身=について、金沢海上保安部が死亡認定を取り消していたことが13日、分かった。

 北朝鮮による拉致被害者を支援する「救う会・兵庫」が明らかにした。12日夜、神戸市に住む兄の文雄さん(74)に同海保から連絡があったという。

 外雄さんは、北朝鮮で元在日朝鮮人の妻と結婚。いまも北朝鮮に暮らす2人の子供がいる。救う会では、ともに行方不明になった兄の昭二さん、おいの武志さん(60)、外雄さんは北朝鮮に拉致されたとみており、拉致被害者の子供として外雄さんの2人の子供の日本国籍を認めて支援の手を差し伸べることを日本政府に求めていた。

 だが、外雄さんは行方不明当時に海保の認定によって死亡とされたままになっていたことが障壁になっていた。救う会では、今回の死亡認定取り消しを「第一歩」とみており、今後、法務省と協議。外雄さんや家族が文雄さんら日本の親族とやり取りした手紙の文面を元に北朝鮮での婚姻と子供をもうけた事実を証明し、子供たちの国籍回復を進めることにしている。



御存命が確認され本当に良かったですね。
生存している事が分かった以上、大日本帝国の威信に賭けても、帝国政府は全力でチョンどもから寺越殿を安全に奪還するのが道理であります。
穢れた犯罪国家・北朝鮮により、天皇陛下の赤子たる罪もなき大日本帝国臣民が数多く拉致されているのであります。
たとえ戦争になろうとも彼らを奪還するのは当然の事です。
彼ら拉致被害者に、一日も早く皇国の土を再び踏んで頂きたいですね。
日章旗
訪問者総数
プロフィール

大日本國民愛國義勇軍

Author:大日本國民愛國義勇軍
我々は、反日組織の殲滅と皇国の再建を目指す右翼団体であります。

愛国義勇軍は、皇国の為共に闘う新たな兵員を随時募集しております。
志願者は、下記URL内の志願兵募集要項を御覧の上御連絡を御願い申し上げます。

●公式サイトURL:http://aikoku.yukimizake.net/

天皇陛下万歳!!!
大日本帝國万歳!!!


記事執筆者:大日本国民愛国義勇軍全軍総司令官 大将 朝比奈忠道

(名前は、自分が尊敬している方二名から苗字と名前をそれぞれ勝手に頂いて組み合わせた偽名です。)

ランキング
大日本國民愛國義勇軍「時局論壇」は「人気ブログランキング」さん及び「にほんブログ村」さん及び「サイト売買価格ランキング」さん及び「ブログランキング ドット ネット」さんに参加させて頂いております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
589位
アクセスランキングを見る>>
旭日旗
検索フォーム
リンク
相互リンクをして頂いているサイト様の御紹介であります。 尚、「大日本國民愛國義勇軍」は自己サイトです。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。